自分に合う転職サイトをどう探せばいいかわからない
理学療法士転職に向いてるサイトが知りたい!

このような悩みをかかえる理学療法士の方も沢山いらっしゃるでしょう。

この記事は、現在転職を考えている理学療法士の方向けに、「理学療法士転職におすすめする転職サイト」をランキング形式で14社ご紹介します。

ほかにも、転職に役立つ以下のコンテンツが書かれています。

    この記事の主な内容

  • 理学療法士におすすめの転職サイトランキング
  • 条件・地域別理学療法士におすすめの転職サイト
  • 理学療法士の求人の探し方・転職失敗談
  • 理学療法士の仕事内容・おすすめの転職先

転職を成功させて、あなたが理想とするキャリアを築きましょう。
そのためにも、ぜひ本記事を参考にして下さいね。

>>理学療法士におすすめの転職サイトランキングはこちら

\ オンライン登録約1分 /

kiracare-logo

年間転職成功者数3万人
未経験OK
3ヶ月以内入職可能も

▼最短1分で応募

公式サイト→

充実したサポート体制
非公開求人も◎
求人数多数

▼最短1分で応募

公式サイト→

記事の目次

理学療法士におすすめの転職サイトランキング

ここからは、理学療法士におすすめの転職サイトを計14社ご紹介します。

転職サイトにはそれぞれ特徴があります。あなたの希望に合った転職サイトに複数社登録しておくのがおすすめです。

あなたが今後良いキャリアを築くためにも、転職サイトの選び方は非常に重要です。

転職者の70%は2〜3社の転職サイト利用
リクナビNEXTの調査によると転職決定者は
平均4.2社の転職エージェントを利用しています。
転職者全体でも平均2.1社利用しています。

複数の転職サイトに登録することで、
✓ 自分にあった担当者が見つかる
✓ 独占求人含め多くの求人が見れる
✓ 多角的にアドバイスをもらえる

などさまざまなメリットがあります。

おすすめ転職サイト
サービス 公開求人数 コメント
PTOTSTワーカー 約62,000件 年間転職成功者数30,000人!※
年収などの条件交渉も可能
マイナビコメディカル 約39,000件 全体の約40%が非公開求人
業界に特化した専任のキャリアアドバイザーがサポート
PT/OT人材バンク 約37,000件 年間利用者は11,000人以上!
東証一部上場企業運営

※2020年4月〜2021年3月にトライトグループのサービスを利用して就業された数

1.PTOTSTワーカー


PTOTSTワーカー

理学療法士・作業療法士・言語聴覚士の求人に特化
全国の求人に対応
業界専門のアドバイザーが相談に乗ってくれる

PTOTSTワーカーは理学療法士・作業療法士及び言語聴覚士の求人に特化した転職サイトです。

全国の求人に対応しているので、希望する勤務地に絞った求人検索を行えます。

もちろん勤務地以外にも給与や職種、施設形態を絞り込んで検索することもできるので、詳細な希望条件がある方におすすめです。

また業界専門のアドバイザーが求人票に載っていない職場関係・人柄などの現場の情報を教えてくれるので就業後のミスマッチを防ぎやすくなっています。

運営会社 株式会社トライト
求人数 約17,900件
求人の評判
転職サポート充実度
おすすめ度
対応地域 北海道・青森・岩手・宮城・秋田・山形・福島・東京・神奈川・千葉・埼玉・茨城・栃木・群馬・山梨・長野・新潟・富山・石川・福井・愛知・静岡・岐阜・三重・大阪・兵庫・京都・滋賀・奈良・和歌山・広島・岡山・鳥取・島根・山口・香川・愛媛・高知・徳島・福岡・佐賀・長崎・熊本・大分・宮崎・鹿児島・沖縄
公式サイト https://ptotst-worker.com/


2.マイナビコメディカル


マイナビコメディカル

理学療法士の求人に強み
面接対策や書類添削などのサービスが充実
条件交渉や日程調整を代行してくれる

マイナビコメディカルは理学療法士や作業療法士の求人に強みを持つ転職サイトです。

医療介護職種の求人に特化しているので、医療業界で希望する職種がある方、資格を保有している方におすすめです。

専任のキャリアアドバイザーが面接対策書類添削はもちろん、煩雑な条件交渉や日程調整を代行してくれるので、初めて転職する方でも安心です。

運営会社 株式会社マイナビ
求人数 約39,000件
求人の評判
転職サポート充実度
おすすめ度
対応地域 北海道・青森・岩手・宮城・秋田・山形・福島・東京・神奈川・千葉・埼玉・茨城・栃木・群馬・山梨・長野・新潟・富山・石川・福井・愛知・静岡・岐阜・三重・大阪・兵庫・京都・滋賀・奈良・和歌山・広島・岡山・鳥取・島根・山口・香川・愛媛・高知・徳島・福岡・佐賀・長崎・熊本・大分・宮崎・鹿児島・沖縄
公式サイト https://co-medical.mynavi.jp/


3.コメディカルドットコム


コメディカルドットコム

正確な求人情報を知ることができる
細かな情報まで掲載している
民間病院の求人に強み

コメディカルドットコムは理学療法士の求人に強みを持つ転職サイトです。

毎日5,000件以上の求人が更新されているため、最新の求人情報を得ることができます。

また民間病院と特養老健を中心に14,000件以上の求人情報が掲載されているので、希望に合った求人を探しやすくなっています。

そのほかにもスカウト機能やマッチング機能など、転職活動を助けてくれるサービスが充実しています。

運営会社 セカンドラボ株式会社
求人数 約99,000件
求人の評判
転職サポート充実度
おすすめ度
対応地域 北海道・青森・岩手・宮城・秋田・山形・福島・東京・神奈川・千葉・埼玉・茨城・栃木・群馬・山梨・長野・新潟・富山・石川・福井・愛知・静岡・岐阜・三重・大阪・兵庫・京都・滋賀・奈良・和歌山・広島・岡山・鳥取・島根・山口・香川・愛媛・高知・徳島・福岡・佐賀・長崎・熊本・大分・宮崎・鹿児島・沖縄
公式サイト https://www.co-medical.com/


4.メドフィット


メドフィット

医療・介護業界の求人に特化
非公開求人を多数保有
専任のコンサルタントが転職活動をサポートしてくれる

メドフィットは理学療法士をはじめとする医療・介護業界の求人に特化した転職サイトです。

専任のキャリアコンサルタントが希望条件に合わせた最適な求人の提案はもちろん、面接対策や条件交渉までサポートしてくれるので、初めて転職活動をする方におすすめです。

また就業後も継続してサポートしてくれるので、万が一職場とのミスマッチがあった場合やトラブルに遭遇した際にも安心できます。

運営会社 株式会社Genten Links
求人数 不明
求人の評判
転職サポート充実度
おすすめ度
対応地域 北海道・青森・岩手・宮城・秋田・山形・福島・東京・神奈川・千葉・埼玉・茨城・栃木・群馬・山梨・長野・新潟・富山・石川・福井・愛知・静岡・岐阜・三重・大阪・兵庫・京都・滋賀・奈良・和歌山・広島・岡山・鳥取・島根・山口・香川・愛媛・高知・徳島・福岡・佐賀・長崎・熊本・大分・宮崎・鹿児島・沖縄
公式サイト https://medfit-gl.jp/


5.グッピー


グッピー

医療・福祉分野の求人に特化
適性診断で自分の適性を知ることができる
病院・クリニックの求人に強み

グッピーは理学療法士をはじめとする医療・福祉分野の求人に強みを持つ転職サイトです。

オリジナルの適性診断をもとに求人情報を探すことができるので、自身の適性に見合った求人を探しやすくなっています。

また、適性診断の結果をもとに企業から直接スカウトを受け取ることも可能です。

運営会社 株式会社グッピーズ
求人数 約263,000件
求人の評判
転職サポート充実度
おすすめ度
対応地域 北海道・青森・岩手・宮城・秋田・山形・福島・東京・神奈川・千葉・埼玉・茨城・栃木・群馬・山梨・長野・新潟・富山・石川・福井・愛知・静岡・岐阜・三重・大阪・兵庫・京都・滋賀・奈良・和歌山・広島・岡山・鳥取・島根・山口・香川・愛媛・高知・徳島・福岡・佐賀・長崎・熊本・大分・宮崎・鹿児島・沖縄
公式サイト https://www.guppy.jp/


6.e介護転職


e介護転職

介護・福祉業界に特化
全国の求人に対応
雇用形態などの条件を指定して検索できる

e介護転職は理学療法士など介護・福祉業界の求人に特化した転職サイトです。

特定の業界に特化しているため職種や雇用形態などの細かい条件を指定して求人を検索でき、希望条件に合致した求人情報を見つけやすくなっています。

また、インターネットで気軽に求人検索ができるので時間がない方や、隙間時間を有効利用したい方におすすめです。

運営会社 株式会社ベストパーソン
求人数 約81,700件
求人の評判
転職サポート充実度
おすすめ度
対応地域 北海道・青森・岩手・宮城・秋田・山形・福島・東京・神奈川・千葉・埼玉・茨城・栃木・群馬・山梨・長野・新潟・富山・石川・福井・愛知・静岡・岐阜・三重・大阪・兵庫・京都・滋賀・奈良・和歌山・広島・岡山・鳥取・島根・山口・香川・愛媛・高知・徳島・福岡・佐賀・長崎・熊本・大分・宮崎・鹿児島・沖縄
公式サイト https://www.ekaigotenshoku.com/


7.PTOT転職ナビ


PTOT転職ナビ

理学療法士・作業療法士の求人に強み
大都市の求人に強い
専任のコンサルタントが転職活動をサポートしてくれる

PTOT転職ナビは理学療法士・作業療法士・言語聴覚士の求人に特化した転職サイトです。

理学療法士・作業療法士・言語聴覚士の求人を専門に取り扱っているので、これらの職種の実務経験がある方や資格を保有している方におすすめです。

業界専門のコンサルタントが条件交渉を行ってくれるほか、疑問点や悩みに答えてくれるので安心して転職活動を行えます。

運営会社 株式会社プレアデス
求人数 約800件
求人の評判
転職サポート充実度
おすすめ度
対応地域 北海道・埼玉・東京・千葉・神奈川・静岡・愛知・京都・大阪・兵庫・福岡
公式サイト https://ptotst-tensyoku.com/


8.PT/OT人材バンク


PT/OT人材バンク

理学療法士・作業療法士の求人に特化
病院や介護現場の求人を多数保有
求人票ではわからない詳細情報を知ることができる

PT/OT人材バンクは理学療法士・作業療法士の求人に特化した転職サイトです。

病院やクリニックといった医療施設の求人はもちろん、医療機関と連携する老人保健施設やリハビリセンターの求人も多数保有しているので、希望条件に合った求人を探しやすくなっています。

また専任のキャリアアドバイザーが求人票には掲載されていない詳細情報を教えてくれるので、より詳しく職場の雰囲気や特徴を知ることができます。

さらに必要に応じで面接対策や転職活動にかかわる相談にも乗ってくれるので、ひとりでの転職活動に不安がある方におすすめです。

運営会社 株式会社エス・エム・エス
求人数 不明
求人の評判
転職サポート充実度
おすすめ度
対応地域 北海道・青森・岩手・宮城・秋田・山形・福島・東京・神奈川・千葉・埼玉・茨城・栃木・群馬・山梨・長野・新潟・富山・石川・福井・愛知・静岡・岐阜・三重・大阪・兵庫・京都・滋賀・奈良・和歌山・広島・岡山・鳥取・島根・山口・香川・愛媛・高知・徳島・福岡・佐賀・長崎・熊本・大分・宮崎・鹿児島・沖縄
公式サイト https://www.ptotjinzaibank.com/


9.PTOTキャリアナビ


PTOTキャリアナビ

リハビリ職の求人に特化
理学療法士の求人に強み
気軽に求人検索を行える

PTOTキャリアナビは理学療法士や作業療法士などのリハビリ職の求人に特化した転職サイトです。

登録画面で希望の求人条件を入力するだけで条件に合致した求人情報を検索できるので、転職するか迷っている方や、隙間時間を有効利用したい方におすすめです。

運営会社 株式会社ヒトイキ
求人数 不明
求人の評判
転職サポート充実度
おすすめ度
対応地域 東京・埼玉・千葉・神奈川・群馬・栃木・茨城・滋賀・京都・大阪・和歌山・兵庫
公式サイト https://ptot-careernavi.com/


10.リハビリのお仕事


リハビリのお仕事

理学療法士の求人に強い
全国の求人に対応
キャリアアドバイザーが転職を徹底サポート

リハビリのお仕事は理学療法士・作業療法士・言語聴覚士の求人に特化した転職サイトです。

専任のキャリアアドバイザーが面談を行ったうえで適性に合いそうな求人を提案してくれるので、初めて転職する方でも安心できます。また、面接対策や条件交渉なども行ってくれます。

さらに勤務地や職場の環境を重視して求人を探すこともできるので、無理なく働ける職場を見つけやすくなっています。

運営会社 株式会社ウェルクス
求人数 約2,200件
求人の評判
転職サポート充実度
おすすめ度
対応地域 北海道・青森・岩手・宮城・秋田・山形・福島・東京・神奈川・千葉・埼玉・茨城・栃木・群馬・山梨・長野・新潟・富山・石川・福井・愛知・静岡・岐阜・三重・大阪・兵庫・京都・滋賀・奈良・和歌山・広島・岡山・鳥取・島根・山口・香川・愛媛・高知・徳島・福岡・佐賀・長崎・熊本・大分・宮崎・鹿児島・沖縄
公式サイト https://rehabili-shigoto.com/


11.ジョブデポ理学療法士


ジョブデポ理学療法士

理学療法士の求人に特化
全国の求人に対応
豊富な求人数

ジョブデポ理学療法士は理学療法士の求人に特化した転職サイトです。

全国の理学療法士の求人を多数保有しているので、居住地に近い勤務先を探しやすくなっています。

また面接を行ったうえで希望に合った求人を紹介してくれるので、就業後のミスマッチを防ぐことができます。

運営会社 with Career株式会社
求人数 約2,100件
求人の評判
転職サポート充実度
おすすめ度
対応地域 北海道・青森・岩手・宮城・秋田・山形・福島・東京・神奈川・千葉・埼玉・茨城・栃木・群馬・山梨・長野・新潟・富山・石川・福井・愛知・静岡・岐阜・三重・大阪・兵庫・京都・滋賀・奈良・和歌山・広島・岡山・鳥取・島根・山口・香川・愛媛・高知・徳島・福岡・佐賀・長崎・熊本・大分・宮崎・鹿児島・沖縄
公式サイト https://j-depo.com/pt


12.PT-OT-ST.NET


PT-OT-ST.NET

理学療法士の求人に強い
理学療法士同士で情報交換ができる
研修やセミナー情報が充実

PT-OT-ST.NETは理学療法士の求人に強みを持つ転職サイトです。

理学療法士の求人情報を多数掲載しており、条件に合わせて求人検索を行うことができます。

また理学療法士同士で情報交換できる掲示板サービスや研修会や養成校情報なども掲載されているので、理学療法士としてのスキルアップを目指すことができます。

運営会社 株式会社 PT-OT-ST.NET
求人数 約1,200件
求人の評判
転職サポート充実度
おすすめ度
対応地域 北海道・青森・岩手・宮城・秋田・山形・福島・東京・神奈川・千葉・埼玉・茨城・栃木・群馬・山梨・長野・新潟・富山・石川・福井・愛知・静岡・岐阜・三重・大阪・兵庫・京都・滋賀・奈良・和歌山・広島・岡山・鳥取・島根・山口・香川・愛媛・高知・徳島・福岡・佐賀・長崎・熊本・大分・宮崎・鹿児島・沖縄
公式サイト https://pt-ot-st.net/


13.ジョブメドレー介護


ジョブメドレー介護

介護業界の求人に特化
契約事業所から寄せられた正規の求人情報のみを掲載
企業からのスカウトやメールを受け取ることが可能

ジョブメドレー介護は理学療法士をはじめとする介護業界の求人に特化した転職サイトです。

掲載されている求人情報は、他社や他サイトからの転載ではなく契約事業所から寄せられた正規の情報のみです。

そのため、事業所と直接やり取りを行え、スムーズに仕事を探すことができます。

また企業から直接スカウトを受け取ることができるので、職場探しの幅を広げることができます。

運営会社 株式会社メドレー
求人数 約79,700件
求人の評判
転職サポート充実度
おすすめ度
対応地域 北海道・青森・岩手・宮城・秋田・山形・福島・東京・神奈川・千葉・埼玉・茨城・栃木・群馬・山梨・長野・新潟・富山・石川・福井・愛知・静岡・岐阜・三重・大阪・兵庫・京都・滋賀・奈良・和歌山・広島・岡山・鳥取・島根・山口・香川・愛媛・高知・徳島・福岡・佐賀・長崎・熊本・大分・宮崎・鹿児島・沖縄
公式サイト https://job-medley.com/


14.ハクビ介護


ハクビ介護

大手企業から中小企業まで幅広い求人を掲載
首都圏の求人に強い
業界未経験の方向けのサポートが充実

ハクビ介護は、大手企業から中小企業まで幅広い企業の求人情報を保有しているので、自身の強みを生かせる求人を探しやすくなっています。

また専任のキャリアコーディネーターが転職活動を徹底的にサポートしてくれるので初めて転職する方はもちろん、業界未経験の方にもおすすめです。

必要に応じて面談や研修を受けることもできるので、自身のスキルアップを目指せます。

運営会社 株式会社 田中学園
求人数 約2,000件
求人の評判
転職サポート充実度
おすすめ度
対応地域 東京・埼玉・千葉・神奈川
公式サイト http://hakubi-kyujin.com/


条件別|理学療法士におすすめの転職サイト

ここでは、条件別で理学療法士におすすめの転職サイトをご紹介します。

介護施設に勤務したい方におすすめ

おすすめ転職サイト 理学療法士の求人数 コメント
PTOTSTワーカー 17,964件(2021年12月時点)※非公開求人は除く 高給・土日祝休み・残業なしの好条件多数
職種専門のアドバイザーがサポート
マイナビコメディカル 12,927件(2021年12月時点)※非公開求人は除く 求人の約40%が非公開
大手人材会社のマイナビが運営
PT/OT人材バンク 約18,000件(2021年12月時点) 業界最大級の求人数
年間11,000名以上が利用

クリニック・病院に勤務したい方におすすめ

おすすめ転職サイト 理学療法士の求人数 コメント
ジョブメドレー介護 7297件(2021年12月時点) 利用者満足度が96%
スカウト機能で企業からオファーも
PT/OT人材バンク 約18,000件(2021年12月時点) 業界最大級の求人数
年間11,000名以上が利用
マイナビコメディカル 12,927件(2021年12月時点)※非公開求人は除く 求人の約40%が非公開
大手人材会社のマイナビが運営

一般企業に勤務したい方におすすめ

おすすめ転職サイト 理学療法士の求人数 コメント
マイナビコメディカル 12,927件(2021年12月時点)※非公開求人は除く 求人の約40%が非公開
大手人材会社のマイナビが運営
PT/OT人材バンク 約18,000件(2021年12月時点) 業界最大級の求人数
年間11,000名以上が利用
ジョブメドレー介護 7297件(2021年12月時点) 利用者満足度が96%
スカウト機能で企業からオファーも

パート・アルバイトで勤務したい方におすすめ

おすすめ転職サイト 理学療法士の求人数 コメント
PTOTSTワーカー 17,964件(2021年12月時点)※非公開求人は除く 高給・土日祝休み・残業なしの好条件多数
職種専門のアドバイザーがサポート
マイナビコメディカル 12,927件(2021年12月時点)※非公開求人は除く 求人の約40%が非公開
大手人材会社のマイナビが運営
PT-OT-ST.NET 1,255件(2021年12月時点) 電話で直接応募ができる
転職に役立つ情報が満載

新卒の理学療法士におすすめ

おすすめ転職サイト 理学療法士の求人数 コメント
マイナビコメディカル 12,927件(2021年12月時点)※非公開求人は除く 求人の約40%が非公開
大手人材会社のマイナビが運営
PT/OT人材バンク 約18,000件(2021年12月時点) 業界最大級の求人数
年間11,000名以上が利用
ジョブメドレー介護 7297件(2021年12月時点) 利用者満足度が96%
スカウト機能で企業からオファーも

高収入の求人お探しの方におすすめ

おすすめ転職サイト 理学療法士の求人数 コメント
PTOTSTワーカー 17,964件(2021年12月時点)※非公開求人は除く 高給・土日祝休み・残業なしの好条件多数
職種専門のアドバイザーがサポート
PT/OT人材バンク 約18,000件(2021年12月時点) 業界最大級の求人数
年間11,000名以上が利用
マイナビコメディカル 12,927件(2021年12月時点)※非公開求人は除く 求人の約40%が非公開
大手人材会社のマイナビが運営

非常勤で働きたい方におすすめ

おすすめ転職サイト 理学療法士の求人数 コメント
PTOTSTワーカー 17,964件(2021年12月時点)※非公開求人は除く 高給・土日祝休み・残業なしの好条件多数
職種専門のアドバイザーがサポート
ジョブメドレー介護 7297件(2021年12月時点) 利用者満足度が96%
スカウト機能で企業からオファーも
マイナビコメディカル 12,927件(2021年12月時点)※非公開求人は除く 求人の約40%が非公開
大手人材会社のマイナビが運営

地域別|理学療法士におすすめの転職サイト

ここでは、地域別で理学療法士におすすめの転職サイトをご紹介します。

東京都でおすすめの転職サイト

おすすめ転職サイト 理学療法士の求人数 コメント
マイナビコメディカル 12,927件(2021年12月時点)※非公開求人は除く 求人の約40%が非公開
大手人材会社のマイナビが運営
PT/OT人材バンク 約18,000件(2021年12月時点) 業界最大級の求人数
年間11,000名以上が利用
ジョブメドレー介護 7297件(2021年12月時点) 利用者満足度が96%
スカウト機能で企業からオファーも

神奈川県・横浜でおすすめの転職サイト

おすすめ転職サイト 理学療法士の求人数 コメント
PTOTSTワーカー 17,964件(2021年12月時点)※非公開求人は除く 高給・土日祝休み・残業なしの好条件多数
職種専門のアドバイザーがサポート
ジョブメドレー介護 7297件(2021年12月時点) 利用者満足度が96%
スカウト機能で企業からオファーも
マイナビコメディカル 12,927件(2021年12月時点)※非公開求人は除く 求人の約40%が非公開
大手人材会社のマイナビが運営

大阪府でおすすめの転職サイト

おすすめ転職サイト 理学療法士の求人数 コメント
マイナビコメディカル 12,927件(2021年12月時点)※非公開求人は除く 求人の約40%が非公開
大手人材会社のマイナビが運営
PT/OT人材バンク 約18,000件(2021年12月時点) 業界最大級の求人数
年間11,000名以上が利用
ジョブメドレー介護 7297件(2021年12月時点) 利用者満足度が96%
スカウト機能で企業からオファーも

京都府でおすすめの転職サイト

おすすめ転職サイト 理学療法士の求人数 コメント
PTOTSTワーカー 17,964件(2021年12月時点)※非公開求人は除く 高給・土日祝休み・残業なしの好条件多数
職種専門のアドバイザーがサポート
ジョブメドレー介護 7297件(2021年12月時点) 利用者満足度が96%
スカウト機能で企業からオファーも
マイナビコメディカル 12,927件(2021年12月時点)※非公開求人は除く 求人の約40%が非公開
大手人材会社のマイナビが運営

福岡県・博多でおすすめの転職サイト

おすすめ転職サイト 理学療法士の求人数 コメント
PTOTSTワーカー 17,964件(2021年12月時点)※非公開求人は除く 高給・土日祝休み・残業なしの好条件多数
職種専門のアドバイザーがサポート
ジョブメドレー介護 7297件(2021年12月時点) 利用者満足度が96%
スカウト機能で企業からオファーも
マイナビコメディカル 12,927件(2021年12月時点)※非公開求人は除く 求人の約40%が非公開
大手人材会社のマイナビが運営

愛知県・名古屋でおすすめの転職サイト

おすすめ転職サイト 理学療法士の求人数 コメント
マイナビコメディカル 12,927件(2021年12月時点)※非公開求人は除く 求人の約40%が非公開
大手人材会社のマイナビが運営
PT/OT人材バンク 約18,000件(2021年12月時点) 業界最大級の求人数
年間11,000名以上が利用
ジョブメドレー介護 7297件(2021年12月時点) 利用者満足度が96%
スカウト機能で企業からオファーも

>>理学療法士におすすめの転職サイトランキングはこちら

理学療法士が転職サイトを使うべき理由

非公開求人も見ることができる

多くの求人を比較することができる

プロのアドバイスを受けられる

登録する前に確認すべき転職サイトの選び方

転職サイトの種類を確認する

求人数を確認する

複数の転職サイトを比較する

理学療法士の失敗しづらい求人の探し方

転職するからには、今よりも好条件の職場で働きたいですよね。ここでは、失敗しづらい求人の探し方をご紹介します。

希望条件には優先順位をつけておく

転職先を探し始める際には、希望条件の優先順位をつけましょう。

求人を見る際には、給与や勤務地、福利厚生など色々とチェックする項目があります。

その中で自分が優先したいことは何かを整理しておくと、数多くある求人の中から希望とマッチする企業を探しやすくなりますよ。

転職エージェントからの求人紹介も受ける

本格的に転職活動を始める際には、転職エージェントを利用するのがおすすめです。

転職エージェントは独自の非公開求人を多数持っているので、より幅広い求人の中から仕事を探すことができます。

転職サイトの検索方法を工夫する

多くの求人が掲載されている転職サイトから、希望に合った求人を探すのはなかなか大変です。

その際にも希望条件に優先順位をつけておくと、効率良く仕事を探すことができます。

まずは、絞り込み検索で希望条件全てを入れて検索してみてください。

希望条件全てを満たす求人が出てこない場合には、その中でも優先順位の低い条件を一つずつ外して再検索をしていくと、できる限り希望に沿った求人を見つけることができるはずです。

転職サイト以外のサービスも利用する

気軽に利用でき、たくさんの求人がチェックできるのが転職サイトの良いところですが、他のサービスも併せて利用してみてください。

それぞれのサービスごとに特徴や強みがあるので、それらを上手く活用するとより良い求人に巡り会えますよ。

ハローワーク

求人数が非常に多いのがハローワークの特徴です。また、地元の企業が求人を出していることが多いので、家から近い場所で働きたいと考えている方はぜひハローワークも利用してみてください。

ただ、ハローワークの求人は詳細な情報が少なかったり、多くの求人から自分で希望に合う仕事を探さなくてはいけないなど、気をつけなくてはいけない点もあります。

ハローワークの求人にも目を通しつつ、転職サイトや転職エージェントも利用すると良いでしょう。

転職エージェント

転職エージェントは、非公開求人を多く持っているだけでなく、専任のキャリアアドバイザーが希望に合った求人を紹介してくれたり、履歴書や職務経歴書のチェックや面談対策をしてくれたりと手厚いサポートをしてくれるのが強みです。

仕事をしながらの転職活動で自分で求人を探す時間が取れない方などは、転職エージェントを利用すると効率良く転職活動を進めることができるでしょう。

>>理学療法士におすすめの転職サイトランキングはこちら

転職サイトを利用するメリット

全てのサービスを無料で受けることができる

求人先の内部情報を聞ける

客観的な意見を聞くことができる

転職のノウハウをアドバイスしてくれる

転職サイトを利用するデメリット

担当者によってサービスの質に偏りがある

予想以上に転職に時間がかかる

理学療法士の転職で失敗しないためにすべきこと

ここでは理学療法士の転職で失敗しないためにすべきことをご紹介します。転職活動の際には、ぜひ参考にしてくださいね。

目的をもって転職活動をする

「給与が低い」「今の職場環境が辛い」など、現状の職場に不満があり、転職活動を考える方も多いと思います。

しかし、それだけで転職活動を始めてしまうとなかなか選考が進まなかったり、納得いく転職ができなかったりという可能性もあります。

転職活動の際には、今の不満やなぜ転職したいと思ったのかを整理し、転職の目的を明確にしておくことが必要です。

  • こんな職場で働きたい
  • ゆくゆくはスキルアップしていきたい

など、目指すものがあると、ポジティブな気持ちで転職活動を進めることができますよ。

転職活動の期間にはゆとりを持っておく

転職活動は求人を探すことから始まり、その後も書類の準備や面接などやることがたくさんあります。

ですので、あまり急ぐことなく、転職活動期間はゆとりを持って考えておいた方が良いでしょう。

とはいえ、だらだらと続けるのも疲れてしまうので、目標としてここまでには転職したいというゴールを決めておき、スケジュールを立てるのがおすすめです。

求人先の情報を自分でも調べる

転職サイトやハローワークの求人、転職エージェントで紹介してもらった求人は自分でも求人先の情報を調べるようにしましょう。

企業サイトや口コミなどをチェックすると、職場の雰囲気などが分かる場合もあります。

自己分析を行う

転職活動の際には、ぜひ自己分析を行ってみてください。改めて強みや弱みを知ることは、自分とマッチする仕事を探すのに非常に役立ちます。

自己分析の結果は、履歴書や職務経歴書などの書類を準備する際や面接での受け答えにも大いに役立ちますよ。

>>理学療法士におすすめの転職サイトランキングはこちら

理学療法士の転職事情について

「実際、理学療法士の転職ってどうなの?」という声にお応えして、ここでは理学療法士の転職事情についてご紹介します。

転職で収入アップは狙えるのか

転職での収入アップは決して不可能ではありません。

例えば、訪問リハビリテーション施設へ転職すると、手当がプラスされるので給料がアップする可能性があります。

すぐに転職アップとはいかないかもしれませんが、長く働けそうな職場へ転職し、管理職を目指すのもひとつの手と言えます。

理学療法士の仕事と関連している資格を取ってからの転職も収入アップには有利でしょう。

理学療法士の転職理由

転職理由は人それぞれですが、理学療法士の場合は

  • 給与が低い
  • 人間関係で悩んでいる
  • 仕事量が多い

という理由が多く挙げられています。

女性の場合は、結婚や出産など、今後の人生プランを考えた際に、続けられるか不安という声も多いようです。

なんとなく他の職場を探すのではなく、転職したい理由を明確にしておくと、次の仕事を探す際のとっかかりになりますよ。

理学療法士はどのくらいの人が転職しているのか

平成28年度の厚生労働省の調査によると、全体の離職率が約15%(※1)に対して、理学療法士の離職率は、医療領域で10.2%、介護領域で18.8%(※2)です。平均すると14.5%と、全体の離職率とほぼ同等と言えます。

他の産業と比べても決して低い数値とは言えず、転職を経験している人が多いと言えそうです。

(※1)平成28年雇用動向調査結果の概況
(※2)理学療法士を取り巻く状況について

理学療法士のお給与事情

令和2年の厚生労働省の調査(※1)によると、全体の年収平均が436.4万(平均年齢46.7歳)に対し、理学療法士の年収平均は418.9万(平均年齢33.9歳)とやや低めです。
ただし、管理職を目指したり、関連資格を取ることによって給与アップも狙えます。

(※1)賃金構造基本統計調査 / 令和2年賃金構造基本統計調査 一般労働者 職種

理学療法士の有効求人倍率

令和3年1月〜10月の有効求人倍率(パート含む)の平均は2.8%です。

有効求人倍率は、仕事を探している人1人に対してどれだけ求人があるかを算出したものなので、理学療法士の求人は比較的多いと言えます。

理学療法士の最適な転職時期

他の職業同様、理学療法士も新年度の4月へ向けて求人が多くなる傾向があります。

収入面を考えるなら、今の職場で賞与をもらってから転職できるよう、タイミングを考えるのも良いでしょう。

>>理学療法士におすすめの転職サイトランキングはこちら

理学療法士の失敗しない転職サイトの利用方法

ここでは、理学療法士の転職活動において失敗しないための転職サイト利用方法をまとめました。

求人情報には書いていない内部情報を活用する

求人情報には、必要な全ての情報が必ずしも掲載されているとは限りません。

気になることや不安な点がある場合は、情報収集をしてから選考に進んだ方が安心です。

転職エージェントを利用している場合は、キャリアアドバイザーを介して企業側に問い合わせることが可能です。

理学療法士の求人に特化した転職エージェントであれば、エージェントが知っている情報も多いので、気になることは気軽に聞いてみてくださいね。

転職は早めの時期から動く

転職活動は時間がかかります。

仕事をしながらであれば尚更なので、いつまでに転職したいという時期があるのであれば、余裕を持って早めに動き始める方が良いでしょう。

一方、転職したい時期までにまだ時間があるという場合でも、良いと思った求人には早めに応募をすることをおすすめします。

人気の求人は応募が多く、早めに募集を打ち切ってしまう場合もあるので、希望に合った求人を見つけた際には迷わず応募しましょう。

スキルや経歴は正直に伝える

より良い職場へ転職したいからといってスキルや経歴を偽ってしまうと、転職後に企業側も自分も困ることになります。

重大なトラブルにもなりかねないので、転職活動を行う際にはスキルや経歴は正直に伝えましょう。

「アピールできる経歴がない…」と心配な場合は、ぜひ転職エージェントのキャリアアドバイザーに相談してみてください。

転職のプロであるキャリアアドバイザーが、上手なアピール方法をアドバイスしてくれますよ。

>>理学療法士におすすめの転職サイトランキングはこちら

理学療法士の転職体験談

転職には不安がつきものです。ここでは、実際に転職を経験した理学療法士の体験談をご紹介します。

自分に適した職場をさがしてもらった

口コミアイコン
30代女性
ずっと働いていた職場で産休・育休を取り復職したものの、残業が多く、働きづらいと感じていました。子供がいる中での転職は不安も多かったのですが、転職エージェントに登録したところ、キャリアアドバイザーが親身に相談に乗ってくれました。
転職先が決まるまで時間はかかってしまいましたが、今までよりも家から近く、託児所のある職場に転職することができました。思い切って転職活動をして良かったです。

キャリアプランを考えてもらえた

口コミアイコン
30代男性
PTの仕事は決して嫌いではないのですが、給与アップやスキルアップが見込めず、ルーティーンワークを繰り返していることに不安を感じていました。
キャリアアドバイザーに相談したところ、今度のキャリアプランも踏まえて転職先を紹介くれました。今は研修制度の充実した職場で働いており、とてもやりがいを感じています。今後は資格取得もして、さらなるキャリアアップを目指そうと思っています。

別の業界に興味があった

口コミアイコン
20代女性
職場の人間関係に悩み、精神的にも参ってしまっていました。もともとおしゃれをすることが好きで、ファッション関係の仕事も興味があったので、思い切ってアパレルの販売職へ転職することに。
PTの時は、閉鎖的な空間での人間関係が辛かったので、今は毎日お店にやってくる色々な方とお話しするのがとても楽しいです。給与面は下がってしまったし、資格が勿体無いとも思いましたが、自分にはこの仕事の方が向いていると感じています。

理学療法士の転職に成功する人・失敗する人

転職活動において、成功する人・失敗する人それぞれパターンがあるのをご存じですか?

この章では、それぞれのパターンをご紹介します。参考にして、ぜひ転職活動を成功させてくださいね。

理学療法士の転職に成功する人

転職は、勢いでできるものではありません。より良い条件の転職先を見つけるには、考えを整理したり、計画を立てる必要があります。

具体的に見ていきましょう。

転職の目的が決まっている人

転職に成功する人は、転職目的を明確にした上で転職活動を始めている人が多いです。

そもそも、転職の目的が明確になっていないと希望の求人を探すことはできないからです。

もしも転職目的がはっきりとしていない場合は、

  • なぜ転職したいのか
  • 今の職場の不満な点は何か
  • どんな職場で働きたいか

をしっかり整理してみましょう。できれば、今後のなりたい姿やキャリアプランまで描けるとさらに良いですね。

勢いで転職しない人

満足のいく転職をしている人は、入念に準備をし、転職活動をした人が多いです。自分の考えをまとめ、希望条件も整理してから転職活動を進める方が、選考もスムーズに進みます。

たとえ今の職場に満足していないからといって、闇雲に転職をしてしまうと、転職後に後悔することになりかねません。

転職サイトを上手に活用できる人

転職サイトや転職エージェントを上手に活用できている人は、希望に合った求人を見つけやすく、転職に成功している人が多いです。

転職サイトは気軽に求人を探すことができ、求人の動向をチェックするのにも向いています。

一方で、転職エージェントはキャリアアドバイザーと二人三脚で転職活動を行うので、しっかりサポートしてもらえるのが魅力です。

それぞれの特徴を踏まえて、上手に使い分けられると良いでしょう。

>>理学療法士におすすめの転職サイトランキングはこちら

理学療法士の転職に失敗する人

次に、理学療法士の転職で失敗しがちな例を見ていきましょう。

転職までのスケジュールが考えられていない

転職までのスケジュール立てがしっかりできていない人は、転職活動に余計に時間がかかってしまったり、転職先が決まった後も現職場の引き継ぎでバタバタしたりしがちです。

転職するには、

求人を探す

応募する

履歴書や職務経歴書などの書類を準備する

書類選考や面接などの選考

内定が出た後の手続きと現職場の引き継ぎや退職手続き

とやることが多くあります。

転職活動を始める際には、ざっくりとスケジュールを立て、今の職場にも迷惑がかからないように転職活動を進めていくのが良いですね。

自己PRができない

企業への提出書類や面接で欠かせないのが自己PRです。

自己PRでしっかり強みをアピールできないと、なかなか選考や内定には進むことができず、転職先が決まらないということになりかねません。

上手く自己PRができないという方は、転職エージェントのキャリアアドバイザーに相談するのがおすすめです。

理学療法士専門の転職エージェントであれば、今までのノウハウを踏まえて、より良いアピール方法をアドバイスしてくれますよ。

理学療法士におすすめの転職先

同業種で転職したいという方もいれば、思い切って他の職種に転職したいという方もいるかもしれませんね。

ここでは、同業種はもちろん、理学療法士が転職しやすい他職種についてもご紹介していきます。

同業種

やはり、一番転職しやすいのは同業種です。同業種の中でもさまざまな転職先があるので、ぜひ選択肢として考えてみてください。

教育・研究施設

理学療法士は、特別支援学校や理学療法士養成校などの教育施設や、医療機器や理学療法技術を研究する施設も転職先として挙げられます。

ただし、いずれにせよ理学療法士としての経験や実績がないと、難しいかもしれません。加えて、特別支援学校の場合は特別免許状または自立活動教諭免許が必要です。

福祉・介護施設

教育・研究施設に比べると、福祉・介護施設の方が転職先としては間口が広いかもしれません。福祉施設は、

  • 児童福祉施設
  • 身障者福祉センター
  • デイケアセンター

などが挙げられます。それぞれ提供サービスの方針が定められているため、それに沿って機能回復訓練を行っていきます。

また、介護施設は、

  • 高齢者介護施設
  • 特別養護老人ホーム
  • 在宅介護支援事業所

などが挙げられます。介護施設では、高齢で身体を自由に動かせなくなった方の日常生活のサポートをすることが、主な業務となります。

>>理学療法士におすすめの転職サイトランキングはこちら

他職種

他職種では、どのような仕事が転職しやすいでしょうか。おすすめをご紹介します。

販売職

販売職は求人数も多く、転職しやすい仕事と言えます。

また、日頃からリハビリテーションで患者とコミュニケーションを取ってきた理学療法士は、そのコミュニケーション力を接客に活かすことができます。

営業職

営業職も求人数が多く、コミュニケーション力を活かせる仕事です。

特に医療機器メーカーなどであれば、今までの経験や知識も活かすことができます。

事務職

事務職も基本的なPC作業ができれば比較的転職しやすい職種です。今までの社会人経験も活かせます。

仕事量が多くなりがちな理学療法士に比べ、定時で帰ることができる企業も多く、ワークライフバランスを見直したい方にもおすすめです。

職業別での仕事内容

運動療法や物理療法などを用いて、体の機能を回復させたり怪我などを予防する理学療法士。

ひとまとめに理学療法士といっても様々な分野に分かれており、職業別で仕事内容が異なります。

理学療法士が活躍する就職先別に仕事内容を見てみましょう。

病院

理学療法士の多くは病院への就職をしています。病院勤務の特徴としては多くの症例に当たる機会が多いということです。

術後すぐや病気発症直後の急性期や、安定している回復期、長期間のリハビリを行う療養型など様々な症例を経験することがあります。

病院勤務では多くの経験を積めるため、キャリアのスタートに病院勤務を選ぶ方も多いです。

医師、看護師、介護士など多くのスタッフと連携して仕事を進めます。そのため書類作成などの業務も他より多くなります。

クリニック

病院に次いで理学療法士の就職先として選ばれているのがクリニックです。クリニックとは診療所や医院などのことを指します。

病床数が19以下の有床診療所と病床のない無床診療所がこれにあたります。

突発的なケガや病気などは病院で見ることが多いですが、軽いけがや病気などはクリニックでの診療が中心で行われることが多いです。

症例は勤務しているクリニックの診療分野に限られますが、病院に比べて短い時間で多くの患者の対応を行います。

介護施設

理学療法士が活躍する介護施設は、介護老人保健施設や特別養護老人ホーム、有料老人ホーム、デイケアのような通所施設などがあります。

介護施設は病院やクリニックと違って治療や回復よりも、身体の機能や動作レベルの維持が目的となります。

日常生活を想定して着衣・脱衣の練習や歩行訓練を行ったりすることで在宅復帰を目指したり、日常生活を送れるようなサポートを行うことが主な仕事内容です。

病院などと違い一人の患者さんとじっくりと向き合うことができます。

PTOTSTとは

PTOTSTとはリハビリテーションを行う専門職の名称です。

PTとはPhysical Therapistの略称で理学療法士のことを指します。

同様にOTはOccupational Therapistで作業療法士、STはSpeech Therapistで言語聴覚士のことを指しています。

それぞれ理学療法、作業療法、言語療法のリハビリテーションを行う専門職で、いずれも国家資格です。

理学療法士

理学療法士は理学療法を用いてリハビリテーションを行います。

理学療法とは、病気や怪我、障害、高齢によって運動機能が低した方に対して、機能の回復・維持・悪化の予防のために運動療法や物理療法を用いて行う治療法です。

運動療法は筋肉や関節を動かしたり治療体操などを行わせたりして日常生活が送れるよう機能を維持・向上させるものです。

物理療法は温熱、電気、水、光線、マッサージなど物理手段によって痛みの緩和や循環障害の回復などを図ります。

立つ・座る・歩くなど基本動作の回復・維持を目的に、様々なリハビリテーションを行い、日常生活を送れるようサポートをします。

作業療法士

作業療法士は作業療法を用いてリハビリテーションを行います。

作業療法は身体、精神に障害がある方が社会復帰や身辺動作、家事動作の維持・回復ができるよう心身ともにサポートを行います。

作業とは日常生活の中で行う、「食事」「入浴」「仕事」「趣味」などの諸活動のことを指し、作業を通じて諸活動が行えるようサポートしていきます。

運動機能や認知機能などの基本的動作能力、食事やトイレなどの応用的動作能力、就労・就学や地域活動への参加などの社会的適応能力を維持・回復することでその人らしい生活を獲得していく支援を行います。

言語聴覚士

言語聴覚士は言語聴覚療法を用いて、言語障害、音声障害、嚥下障害に対して指導・訓練を行います。

言語発達の遅れや、失語症などの言語障害や、発声や発音の問題など声の異常であるの音声障害などのコミュニケーションの問題に対して検査や訓練を行います。

さらに、食べ物を噛む、飲み込むなどの摂食・嚥下に関してもリハビリテーションを行います。

収入アップにつながる資格

スキルアップを通して収入アップを図りたいと考えている方も多いでしょう。ここでは理学療法士の収入アップにつながる資格についてご紹介します。

認定理学療法士

認定理学療法士は日本理学療法士協会が認定している資格制度です。

自発的な学習の継続を促すことで、専門性を高め、高い臨床技能の維持向上などを目的とされています。

対象者は新人教育プログラム修了者で7つの専門分野から一つ以上を選んで臨床技術や知識を高めていきます。

専門分野の登録から2年が経過し、研修の受講などを通じてポイントを取得することで認定試験の申し込みが可能。

即収入アップに繋がるケースは多くありませんが、取得者が少ないため転職の際には有利に働くこともあります。

専門理学療法士

専門理学療法士は認定理学療法士の上位資格で、同じく日本理学療法士協会が認定している資格制度です。

認定理学療法士と同様に新人教育プログラム修了者が対象で、7つの専門分野から一つ以上を選んで臨床技術や知識を高めていきます。

研修などを通じてポイントを取得していくのは認定理学療法士と同様ですが、専門分野の登録から5年を要すためさらに難易度は高く、現状資格取得者は認定理学療法士よりさらに少ないです。

取得できれば転職などで強いアピールポイントとなるでしょう。

心臓リハビリテーション指導員

心臓リハビリテーション指導員は、特定非営利活動法人日本心臓リハビリテーション学会によって発足された制度です。

包括的な心臓リハビリを通じて、心臓疾患などの循環器系疾患の治療や再発予防を行い、患者のQOL向上に貢献します。

理学療法士の資格があれば学会の会員として2年以上経過していること、1年以上の心臓リハビリの実務経験か心臓リハビリ研修制度の受講のいずれかの条件を満たしていること、該当年度に委員会主催の講演会を受講していることで受験資格を得ることができます。

資格を取得することで、循環器系リハビリの専門家として活躍をすることができるでしょう。

転職に有利に働く可能性もあり、収入アップに繋がる資格だと言えます。

呼吸療法認定士

呼吸療法認定士は「特定非営利活動法人日本胸部外科学会」「一般社団法人日本呼吸器学会」「公益社団法人日本麻酔科学会」が共同で創設した資格制度です。

高齢化と医療技術の進歩によって重症患者管理の重要度が増加。

それに伴い、重要性の増した呼吸療法を習熟した医療チームの育成・レベル向上などを目的として創設されました。

呼吸療法認定士の資格を取得するためには、理学療法士としての2年の実務経験や、認定委員会が認める学会や講習会への参加によるポイント取得などがあります。

呼吸療法認定士を取ることで、昇進や呼吸器系の診療を行っている病院などへの転職に有利になることが期待できます。

理学療法士の志望動機・動機の書き方のコツ・例文

転職の際に悩むのが書類作成です。なかでも志望動機はどう書いていいのかわからないことも多いのではないでしょうか。

理学療法士の方の転職の際も同様ではないでしょうか。

気を付けなければいけないのはネガティブな理由をそのまま記載しないこと。

そして記載しておくべき内容は、「どうしてその職種を選んだのか」「なぜその職場を選んだのか」です。

この2点はしっかりと伝えることが大切です。志望動機の書き方のコツをご紹介します。

なぜその職種を選んだのか

どうしてその職種を選んだのかということはしっかりと伝えましょう。

実体験を絡めながら理学療法士になった経緯や今後の目標などを伝えることで、志望先を選んだ理由に説得力を増すことができます。

例文)
私は、脳卒中で倒れてしまった祖母に対して懸命にリハビリテーションを行っていただける理学療法士の方を見てこの仕事に興味を持ちました。
日常生活を送れるようになり、徐々に笑顔を取り戻していく過程を見て患者様に寄り添ってケアができる理学療法士を目指しました。

など理学療法士を目指すことになったきっかけなどを盛り込みましょう。

その結果どのようなキャリアを歩んできたのか、そしてなぜその志望先を選んだのかにつなげていくことで一貫性を持った志望動機になります。

なぜその職場を選んだのか

同じ職種でも様々な職場があるので、数ある職場の中からどうしてそこを選んで応募をしたのかが採用担当者が知りたいところです。

納得感のある理由を伝える共に、その職場にあなたがどのように貢献できるのかという採用のメリットも伝えましょう。

志望先の情報を隅々まで収集し、なぜその職場を選んだのか、どのように活躍したいのかを深掘りしてみましょう。

例文)
現在の病院では多くの症例に触れ経験を積むことができました。
その中で、患者様と向き合い、寄り添ったケアを行って生活を支えられるような理学療法士を目指したいと思うようになりました。
貴院におきましては通所リハビリや訪問リハビリを通じて、患者様に寄り添い地域医療に貢献ができると思い志望いたしました。

以上のように、職種を選んだ理由と志望先を選んだ理由を絡めながら一貫性を持った志望動機を作成しましょう。

>>理学療法士におすすめの転職サイトランキングはこちら

理学療法士の転職失敗談

人生の転機ともなりえる転職では誰もが失敗したくないものです。

ですが様々な理由により失敗だと思える転職をしてしまう方もいます。

ここではよくある失敗談を見ながら、転職の成功確率を上げる考え方をご紹介します。

条件面ばかりを重視してしまった

条件面ばかりにこだわった転職を行うと失敗に繋がってしまうケースがります。

求める給与や残業が少ないといった条件面だけに注目をして転職をしても職場環境がよくなかったり将来性が無かったりすることがあります。

「転職をして給与は上がったが人間関係が悪く早くも辞めたい」など、入社してみないと分からない社風や人間関係などもわかる範囲で知っておく必要があります。

在職中の方と話す機会をもらったり、事前に施設の見学をさせてもらったりして職場の雰囲気を調べておきましょう。

業界に詳しい転職エージェントなどから情報を貰うこともおすすめです。

転職目的が曖昧だった

転職目的が曖昧だと、何のために転職をしたのかわからなくなりこのまま働いていいのか迷ったりすることもあります。

なんとなく不満があるし、周りが転職をしているので焦って転職をしたら、目的が曖昧で転職しなければよかったと思うこともよくあるケースです。

いまの勤務先を辞めたい理由や、転職をするうえで望むことなど譲れない条件は何なのかを明確にすることで、転職先の候補も絞ることができ入社後のミスマッチを防ぐことができます。

転職後の働き方がイメージできていなかった

転職後の働き方もある程度具体的にイメージをしておかないと失敗と感じてしまうことがあるかもしれません。

ちょっとした不満でもこれから先、毎日勤めるとなると積み重なっていくものです。

「少し遠めの通勤距離だけど条件が良かったので転職をしたら、毎日の職場との往復がつらい」「患者と向き合い寄り添った治療がしたかったが、実際は多くの患者を短時間で見なければならない」「有給が取りづらい」など実際に働いていくことをイメージしていないと不満を感じることもあります。

長期的な視点に立って、毎日の仕事や将来の働いている姿をイメージしたうえで転職活動を行いましょう。

>>理学療法士におすすめの転職サイトランキングはこちら

理学療法士の転職の流れ

転職未経験の方はどのような流れで転職活動を進めていくのかわからず、悩んでしまう方も多いでしょう。

転職までの道のりをイメージすることでスムーズに転職活動を進めていけるよう、転職の流れをご紹介します。

1.転職サイトのホームページから登録

転職サイトを利用する場合、まずはサイトへの登録を行います。転職サイトにアクセスして、必要事項を入力します。

メールアドレスや氏名の登録などで簡単に登録をすることができます。

職歴やスキルなどを登録しておくと企業からのスカウトを受けることができたり、気になる企業に簡単に応募したりすることができるのでとても便利です。

メッセージ機能などで簡単にやり取りをすることもできます。

>>理学療法士におすすめの転職サイトランキングはこちら

2.サイトから求人を探す

登録が完了すると求人情報を検索することができます。

職種や勤務地など条件で絞り込んで検索をすることができるので手軽に探すことができるでしょう。

また、希望条件を登録しておくことで条件に合致する企業からオファーが届くスカウト機能を活用すればマッチする企業を見つけることができます。

3.気になった求人にエントリーする

検索をして気になった企業があればエントリーを行います。

事前に履歴書などを登録しておくと書類を一から作成しなくてもいい場合があるため便利です。

企業が指定しているフォームなどに必要事項を入力すればエントリー完了です。

エントリーが完了すれば後は書類選考の結果を待つだけ。今後の選考の準備を進めながら待ちましょう。

4.面接

書類選考に見事通過すれば次は面接です。

企業側と日程調整を行い面接日を決めます。

内定を勝ち取るまでには複数回の面接を通過しなければなりません。面接対策を行った上で臨みましょう。

最近ではWeb面接を行う企業も増えています。

通常の面接とは違いネット環境や機器の準備などが必要になります。

加えて通常の面接とは違った環境に対応する必要もあります。どのような面接を行うかも調べて準備をしましょう。

5.内定

無事選考を通過した場合、電話やメールなどで企業から内定の連絡が来ます。

詳しい労働条件の確認を行い、内定を承諾するか辞退するかまたは保留するかを決めましょう。

承諾をする場合は具体的な入社日を決めます。

それに合わせて退職日を決める必要があります。通常、入社日の前日を退職日とすることが多いでしょう。

日にちを開けてしまうと国民健康保険や年金などの手続きを行わないといけなくなってしまいます。

同時に現在の勤務先の直属の上司に退職の意向を伝えます。就業規則で定められた期間までに伝えるようにしましょう。

後は退職に向けて引継ぎを進めたり、内定企業と雇用契約を結んだり入社手続きを行ったりし入社と退職の準備を進めます。

>>理学療法士におすすめの転職サイトランキングはこちら

理学療法士によくある質問と回答

転職活動を進めていくうえで疑問や質問などがいろいろと出てくるでしょう。
ここでは理学療法士の転職によくある質問とその回答をご紹介します。

理学療法士の転職は30代だと厳しい?

他業種と同様に30代での理学療法士の転職は厳しいと思われがちです。

結論から言うと理学療法士の30代での転職は十分可能です。

ただ年齢に見合ったキャリアを求められる場合はあるので、転職を考える前に資格取得などキャリアをしっかりと積むことも重要でしょう。

転職サイトとハローワークはどちらを使った方が成功する?

転職サイトとハローワークどちらが成功に近づけるかは、その人によると言えます。

それぞれ特色があり得意とする求人が違います。

転職サイトは家にいながら広い範囲で求人を探すことができます。

専門的な求人や規模の大きな企業などの求人を探している場合は転職サイトがおすすめです。

一方、地域に密着した施設などで働きたい場合にはハローワークのほうが豊富な求人を持っている場合があります。

条件や希望などに応じて使い分けましょう。

>>理学療法士におすすめの転職サイトランキングはこちら

ブランクがあっても転職できる?

一般的に3ヶ月のブランクがあると転職に不利に働くと言われています。

ブランクが開いてしまうと、「働く意欲がないのではないか」「計画性がないのではないか」などと思われてしまうかもしれません。

大切なのはブランク中に何を行っていたかということ。

明確な理由があり、自分自身の意志で行動をしていたのであれば転職のマイナスにならないこともあります。

未経験でも理学療法士に転職できる?

未経験からでも理学療法士への転職は可能です。国家資格である資格の取得は必須なのでまずはそこがスタート。

養成校に通い、理学療法資格に合格することで理学療法士になることができます。

未経験可の求人も多く出ていますので、未経験でも一定の需要はあります。

>>理学療法士におすすめの転職サイトランキングはこちら

ブラックな転職サイトはある?

転職サイトは自分自身のペースで転職活動を進めるものなので、転職サイト自体がブラックなことは少ないでしょう。

ですが、転職サイトの求人情報にブラックな企業が紛れていることもあります。

大量採用がしやすい転職サイトでは離職率の高い企業が繰り返し求人を出していることもあります。

様々な転職サイトや口コミなどでチェックをして見極めましょう。

>>理学療法士におすすめの転職サイトランキングはこちら

転職回数は影響する?

短期間で複数回の転職を繰り返していると、また辞めてしまうのではないかと採用担当に思われてしまうことはあるでしょう。

計画性のない転職を繰り返すことはおすすめできません。

ですが国家資格である理学療法士の需要は高いため、転職での経験を強みにアピールすることができれば数回程度の転職回数ではあまり影響はないと考えていいでしょう。

円満退職するには?

できることなら円満退社をして気持ちよく次の職場で働きたいものです。

円満退職には退職理由の伝え方が大事です。

不安をぶつけるのではなく、前向きな理由やどうしても避けられない家族の事情などを丁寧に伝えることが大切です。

また、引継ぎや次の採用が滞りなく行えるよう時期を考慮して退職の意向を伝えるようにしましょう。

新卒に人気の施設は?

理学療法士の多くは病院を就職先として選びますが、新卒にはその中でも回復期リハビリテーション病院が人気です。

急性期病院では直接命に係わる症例に触れる機会もあるため避ける方も多いようです。

一方、回復期リハビリテーション病院はじっくりと理学療法を行うことができるので理学療法士のスタートを切るには最適と思う方が多いようです。

まとめ

この記事では、理学療法士におすすめの転職サイトをランキング形式でご紹介させて頂きました。

転職サイトのサポートもしっかりと受けることで、理学療法士の転職を成功に導いて下さい。

あなたの希望に沿って特徴や求人の傾向は利用する転職サイトごとに異なります。気になる転職サイトがあれば、ぜひ2~3社登録してみましょう。

この記事を参考にすることで、理学療法士の転職が成功することを願っています。

>>理学療法士の転職サイトランキングに戻る