「看護師として新しい職場に転職したい!」
「看護師転職サイトは使わない方がいいって本当?」
「どの転職サイトがいいかわからない…」

などとお悩みの方も多いのではないでしょうか。

この記事では、看護師転職サイトについて、使わない方がいいと言われる理由や裏事情、使うべき人の特徴をご紹介します。

この記事を読むことで、看護師転職サイトのメリットデメリットがわかるようになります。
おすすめの看護師転職サイトもご紹介するので、「看護師転職サイトについて詳しく知りたい!」という方は、ぜひ参考にしてください。

>>使うべきおすすめの看護師転職サイトランキングをすぐに見る

看護の
お仕事
マイナビ
看護師
医療
ワーカー
サービス
>>公式サイト

>>公式サイト

>>公式サイト
求人数 約120,000件 約80,000件 約58,000件
エリア 全国 全国 全国
総合評価
特徴

利用者数40万人突破!
非公開求人多数
紹介案件の質が良い
サービスNo.1!
LINEで気軽に相談◎

リアルな情報も聞ける◎
履歴書の書き方から
退職まで徹底サポート!

首都圏・東海・関西に!
非公開求人多数掲載

▼横にスクロールできます

記事の目次

【結論】看護師転職サイトは使うべき人の方が多い

看護師の仕事は、患者さんや利用者さんの命や健康に関わる仕事です。
他の仕事にはないやりがいに魅力を感じている人も多いのではないでしょうか。

一方、職場によっては人間関係がうまくいかなかったり、思ったよりも給料が安かったりすることもあります。
このような場合、職場環境を改善するために、転職する方も多いです。

転職を検討する場合、転職サイトを活用することが多いですが、転職サイトにもメリットデメリットがあるため、転職サイトを使うべきかどうか悩んでしまうことも少なくありません。

そこで今回は、転職サイトを使うべき人の特徴を解説していきます。
転職活動に転職サイトを使うべきか迷っている人は参考にしてください。

経験が少ない方

例えば新卒で看護師に採用された方が3年以内で辞めて転職活動をする場合などは、転職サイトを利用することがおすすめです。

経験が浅い方は、看護師業界のことをまだよくわからないので、プロである転職サイトや質の高いアドバイザーにお願いをした方が、理想の転職先に就職する可能性が高いです。

普段の仕事が忙しい方

普段の仕事が忙しいため、転職サイトに全て任せたい場合は転職サイトを使うことをおすすめします。
平日日中での連絡が難しい方や、働きながら転職活動をおこなっている方は、多忙により転職活動がしにくいからです。

仕事を再開することが不安な方

早くに看護師を辞めた方、仕事を辞めてから期間が空いている方は、経験の少なさや離職期間を引け目に感じ、仕事を再開することに不安を感じてしまうことも少なくありません。

このような場合でも、転職サイトを利用することで、転職アドバイザーによるサポートを受けられたり、多くの情報を知れたりと、仕事再開に向けて入念に準備を進められます。

1人で転職活動を進めるよりも、安心して仕事を再開できます。

派遣で働きたい方

派遣で働きたい方も、転職サイトの利用がおすすめです。

転職サイトの中には、看護師派遣にも強い転職サイトや派遣専門のサイトがあります。

あなたの希望する働き方に適した転職サイトの利用がおすすめです。

転職先の人間関係など内部事情を知りたい方

転職サイトのアドバイザーは職場の雰囲気や人間関係をよく知っていることが多いため、転職先の情報を教えてもらうことができます。

職場の雰囲気や人間関係を知ることで、あなたにとって働きやすい環境であるかどうかを、前もって確認することが可能です。

あなたの求める働き方を実現するために、人間関係などの内部事情を把握することは重要です。

看護師転職サイトは使わない方がいいと言われる理由

多数ある看護師転職サイトですが、使うと失敗してしまうケースもあります。
今回はその中で3つの理由を解説していきます。

紹介料を優先する担当もいるから

転職サイトの中には、紹介料ほしさに、その転職先で働くことのデメリットがあってもそれを転職者に伝えず紹介する担当者がいることもあります。

そのようなサイトの特徴には、転職を焦らせる連絡が多かったり、希望とは違う条件の求人を進めてきたりすることが挙げられます。
やりとりをする中で、何かおかしいなと思ったらサイトや担当者を変更することをおすすめします。

実際にトラブルになったことがあるから

看護師転職サイトでトラブルに巻き込まれた例もあります。

例えば、今すぐに転職をするつもりがないと希望を出しても、なんとか転職をさせようと強引な対応をされるというトラブルや、条件と違う求人情報を紹介されるというトラブルもあります。

さらに、電話やメールなどの連絡が執拗にくる転職サイトがあり、メールでの連絡の希望をお願いしているのにも関わらず電話連絡が頻繁に来たりというケースもみられます。

使うと不利・不採用になるイメージがあるから

看護師転職サイトを使って転職活動を行うと不利になったり、良い人材でも不採用になるというイメージがあります。

看護師の転職サイトは、転職サイト側が転職先に希望者を紹介する代わりに紹介された転職先は紹介料を払う仕組みになっています。

この仕組みから、企業側は転職サイトを利用する求職者を好まないのではないかというイメージが生まれました。

しかし、このようなイメージはあくまで仮説です。

企業にとっても、転職サイトを活用することで得られるメリットがあるため、転職サイト使うことで不利になるとは一概に言えません。

【闇?】転職サイトの仕組み・裏事情を解説

ここでは、転職サイトを使って後悔しないために、知っておくべき転職サイトの仕組みや裏事情を解説します。

案件数や売上高の設定がある

転職サイトでは、転職サイトを経由して看護師の方の採用が確定することで、求人を掲載している病院から転職サイト側へ紹介料が支払われます。

そのため、ビジネスとして持続させるためノルマがされているところが多いです。

案件数や売上高の影響を受け、求職者が求める求人情報と異なる求人を紹介される可能性もあります。

このように、紹介される求人が希望と異なると感じたら、担当者を変更してもらうことも可能です。

採用率を意識している

転職サイトは転職先に転職希望者を紹介すると紹介料が受け取れるため、採用率を意識していることもあります。

採用率が高ければ、「このサイトは希望の転職先とマッチングする確率が高い」と高評価をして、登録している転職希望者数も増加します。

そのため、採用率を意識することは、転職サイトと転職希望者の両社にとって効果的です。

ボランティアではなくあくまでもビジネスとしてとらえている

看護師転職サイトの担当者の中には、転職に悩む看護師を手助けしたいという思いがある担当者も多くいます。
とはいえ、ビジネスとして行なっていることをふまえると、ある程度案件をこなす必要もあることが現状です。

使うべきおすすめの看護師転職サイトランキング

ここからは、使うべきおすすめの看護師転職サイトランキングをご紹介します。

おすすめ転職サイト

サービス 公開求人数 コメント
看護のお仕事 約12万件 求人数が多い
累計利用者数40万人以上
マイナビ看護師 約54,000件 約30秒で登録完了
日本最大級の看護師転職サイト
医療ワーカー 約50,000件 出張面談も可能
面接同行・条件交渉に対応してくれる

(求人数:2022年3月時点)

1.看護のお仕事|ハローワークの求人も多数紹介可能

看護のお仕事

累計利用者40万人以上
利用者満足度が高く、友達に勧めたいサービスNo.1
業界トップクラスの求人数

看護のお仕事は、友達に勧めたいサービスNo.1と評価されている、看護師向けの転職サイトです。

求人数が豊富で、非公開求人を合わせると12万件以上もの求人を保有しています。

看護のお仕事のキャリアアドバイザーは、利用者の方の希望により近い求人を紹介するため、年間4000回を超える職場訪問をおこなっています。
そこで得たリアルな情報を基に、あなたにあった求人紹介を行ってくれます。

求人情報はLINEやメールで送られてくるので、隙間時間を使った転職活動を行うことが可能です。

また、気になることはLINEで気軽に相談できるので、あなたのライフスタイルに合わせた転職活動を行えます。

>>看護のお仕事の詳細を見る

求人数 約120,000件
対応職種 正看護師、准看護師、保健師、助産師
対応施設 総合病院、一般病院、クリニック、特別養護老人ホーム(特養)、訪問看護、有料老人ホーム、デイサービス、重症心身障害者施設、保育園、検診センター
対応雇用形態 正社員、パート・アルバイト、派遣、紹介予定派遣、日勤常務、夜勤専従常勤、夜勤専従パート、非常勤
対応診療科目 内科、精神科、心療内科、小児科、外科、整形外科、皮膚科、産婦人科、眼科、歯科、美容外科、美容皮膚科
求人の評判
転職サポート充実度
おすすめ度
対応地域 北海道・青森・岩手・宮城・秋田
山形・福島・東京・神奈川・千葉
埼玉・茨城・栃木・群馬・山梨
長野・新潟・富山・石川・福井
愛知・静岡・岐阜・三重・大阪
兵庫・京都・滋賀・奈良・和歌山
広島・岡山・鳥取・島根・山口
香川・愛媛・高知・徳島・福岡
佐賀・長崎・熊本・大分・宮崎
鹿児島・沖縄
公式サイト https://kango-oshigoto.jp/


\1分で登録完了/


2.マイナビ看護師|日本最大級の看護師求人・転職サイト


マイナビ看護師

約80,000件以上の求人情報
条件交渉や日程調整を代行してくれる
履歴書の書き方から退職サポートまで徹底的にサポート

マイナビ看護師は、人材業界大手の株式会社マイナビが運営している看護師特化型の転職サイトです。
求人数が多く、非公開求人を含めると約80,000件もの求人を取り扱っています。

サポート力も非常に高く、面倒な日程調整から応募書類の添削・面接対策まで、あなたの転職活動を徹底的にサポートしてくれます。

また、マイナビのキャリアアドバイザーは、毎日のように企業に足を運び、最新の求人情報を確認しています。
その中で、院内の雰囲気やスタッフの様子、有給・産休などの制度の取得実績も確認しており、求人情報以外のリアルな内情も教えてくれるので、転職後のミスマッチを防ぐことが可能です。

サポート力の高さ・求人の評判の高さなど、トータルでおすすめできる看護師転職サイトです。

求人数 約80,000件
対応職種 看護師、准看護師、助産師、保健師、ケアマネージャー
対応施設 病院、クリニック・診療所、美容クリニック、施設、訪問看護ステーション、一般企業、治験関連企業、保育施設、その他
対応雇用形態 正社員、契約社員、パート・アルバイト、業務委託、常勤、夜勤なし、夜勤専従、その他
対応診療科目 美容外科、小児科、産科、婦人科(レディースクリニック)、整形外科、循環器内科、心療内科、消化器外科、心臓血管外科、スポーツ整形外科、脳神経外科、眼科、形成外科、消化器内科、歯科、精神科、血液内科、外科、内科、神経内科
求人の評判
転職サポート充実度
おすすめ度
対応地域 北海道・青森・岩手・宮城・秋田
山形・福島・東京・神奈川・千葉
埼玉・茨城・栃木・群馬・山梨
長野・新潟・富山・石川・福井
愛知・静岡・岐阜・三重・大阪
兵庫・京都・滋賀・奈良・和歌山
広島・岡山・鳥取・島根・山口
香川・愛媛・高知・徳島・福岡
佐賀・長崎・熊本・大分・宮崎
鹿児島・沖縄
公式サイト https://kango.mynavi.jp/



3.医療ワーカー|全国の豊富な求人情報を保有

医療ワーカー

首都圏・東海・関西エリアの求人多数
非公開求人が豊富
看護業界のプロの転職支援が受けられる

医療ワーカーは、看護師向け転職サイトです。
全国的に求人はありますが、中でも首都圏・東海・関西エリアの求人が豊富です。

医療ワーカーは医療機関と長年人材紹介で培ってきた信頼関係があるため、他転職サイトではみることのできない好条件の非公開求人が多くあります。
非公開求人もメールマガジンで届くので、手軽にみることができるのもポイントです。

看護師専門のアドバイザーによる転職支援や条件交渉も行ってくれるため、あなたの希望にあったお仕事を見つけられる可能性が高まります。

>>医療ワーカーの詳細をみる

求人数 約58,000件
対応職種 看護師・准看護師、助産師、保健師
対応施設 病院、クリニック、介護関連施設、訪問看護、企業、その他
対応雇用形態 正社員、パート・アルバイト、契約社員、派遣、期間限定契約、常勤(夜勤あり)、常勤(日勤のみ)、常勤(夜勤のみ)
対応診療科目 内科、整形外科、外科、リハビリテーション科、循環器科、血液内科、呼吸器内科、循環器内科、消化器内科、神経内科、、腎臓内科、心療内科、糖尿病内科、内分泌内科、老年内科、救命救急科、形成外科、呼吸器外科、消化器外科、心臓血管外科、乳腺外科、脳神経外科、美容外科、眼科、産婦人科、耳鼻咽喉科、小児科、総合診療科、精神科、人間ドック・検診、泌尿器科、皮膚科、美容皮膚科、病理診断科、婦人科、放射線科、麻酔科、肛門科、リウマチ科、胃腸科、アレルギー科、口腔外科、歯科、呼吸器科、消化器科、緩和ケア科、産科
求人の評判
転職サポート充実度
おすすめ度
対応地域 北海道・青森・岩手・宮城・秋田
山形・福島・東京・神奈川・千葉
埼玉・茨城・栃木・群馬・山梨
長野・新潟・富山・石川・福井
愛知・静岡・岐阜・三重・大阪
兵庫・京都・滋賀・奈良・和歌山
広島・岡山・鳥取・島根・山口
香川・愛媛・高知・徳島・福岡
佐賀・長崎・熊本・大分・宮崎
鹿児島・沖縄
公式サイト https://iryouworker.com/

こちらの記事もおすすめ
>>医療ワーカーの評判・口コミ|登録前に確認すべきポイント

4.スーパーナース|常勤からバイトまで幅広い雇用形態


スーパーナース

マッチング数は年間20万件以上
利用者のリピート率は79%
単発・短期の求人も多数あり

スーパーナースは、創業約30年もの歴史をもつ看護師向け転職サイトです。

看護師さんと病院のマッチング数は年間20万件以上と、実績も豊富です。
その歴史の長さ・実績から、利用者からの評判も高く、79%のリピート率を誇ります。

また、対応している雇用形態も豊富で、正社員はもちろん、パートや単発・短期の派遣のお仕事も取り扱っています。
あなたのライフスタイルに応じた働き方が選べるため、正社員以外の働き方も視野に入れている方にもおすすめです。

求人数 約26,000件
対応職種 正看護師、准看護師、保健師、助産師、その他
対応雇用形態 正社員(常勤)、パート・アルバイト、派遣、単発、紹介予定派遣
求人の評判
転職サポート充実度
おすすめ度
対応地域 北海道・青森・岩手・宮城・秋田
山形・福島・東京・神奈川・千葉
埼玉・茨城・栃木・群馬・山梨
長野・新潟・富山・石川・福井
愛知・静岡・岐阜・三重・大阪
兵庫・京都・滋賀・奈良・和歌山
広島・岡山・鳥取・島根・山口
香川・愛媛・高知・徳島・福岡
佐賀・長崎・熊本・大分・宮崎
鹿児島・沖縄
公式サイト https://www.supernurse.co.jp/


5.ナースパワー|全国100,000名の看護師が利用


ナースパワー

全国初の厚生労働大臣許可事業所
圧倒的な求人数
全国100,000名の看護師が利用

ナースパワーは、全国初の厚生労働大臣許可事業所で、昭和60年から運営している歴史のある転職サイトです。
その歴史の長さから、全国100,000名の看護師が利用している実績があります。

圧倒的な求人数を誇り、「常勤・パート・派遣・バイト・応援ナース」など、様々な働き方ができるのも特徴です。

また、求人先企業から支払ってもらう紹介手数料が業界で1番低料金であるため、求人先の負担が少なく済み、採用に繋がりやすいといったメリットもあります。

担当のコーディネーターが求人情報紹介から就業後の悩み相談まで、手厚くサポートしてくれるため、初めて転職する方も安心して転職活動が行えます。

採用率の高さ・サポート力の高さから、効率の良い転職活動を行いたい看護師の方におすすめです。

求人数 約40,000件
対応職種 正看護師、准看護師、保健師、助産師
対応施設 病院、クリニック・医院、老人入所施設、老人通所施設、訪問看護、居宅支援事業所、保育園、その他
対応雇用形態 正社員、パート、派遣、応援ナース、常勤、日勤常勤、夜勤常勤、日勤パート、夜勤パート
求人の評判
転職サポート充実度
おすすめ度
対応地域 北海道・青森・岩手・宮城・秋田
山形・福島・東京・神奈川・千葉
埼玉・茨城・栃木・群馬・山梨
長野・新潟・富山・石川・福井
愛知・静岡・岐阜・三重・大阪
兵庫・京都・滋賀・奈良・和歌山
広島・岡山・鳥取・島根・山口
香川・愛媛・高知・徳島・福岡
佐賀・長崎・熊本・大分・宮崎
鹿児島・沖縄
公式サイト https://www.nursepower.co.jp/


看護師転職サイト利用のメリット

ここからは、看護師転職サイトを利用する4つのメリットを解説します。

>>使うべきおすすめの看護師転職サイトランキングを見る

自分で探すより希望に合う求人が見つかりやすい

転職サイトを利用することで自分で探すよりも希望に合う求人が見つかりやすくなります。

自分1人で優良な転職先を探すのは限界があります。
転職サイトを活用することで、自分1人では見つけられない求人と出会える可能性が高くなり、転職の視野が広がります。

2~3社の転職サイトに複数登録しその中から質の高いサイトを選ぶようにしましょう。
優秀なアドバイザーであればあなたに合う条件の求人を見つけてくれます。

また万が一アドバイザーが頼りなかったり、うまく条件に合う職場を見つけてくれなかったりした場合は、担当の変更もできるので安心して利用できます。

施設の詳しい情報を教えてもらえる

転職サイトを利用すると応募先の職場の環境や人間関係を教えてもらえるメリットがあります。

1人で転職活動を行うと転職先の内部の状況や人間関係はわかりません。
しかし登録した転職サイトのアドバイザーによっては求人情報を出している病院の内部事情を把握しています。

そのため「人間関係」「有給休暇や育休の取得の実態」「残業時間」「どのような人材が活躍しているか」などの情報を持っています。

このように、自分で求人情報を見たり企業のホームページで調べたりするだけではわからない情報を知ることができるので大きなメリットです。
また転職後の自分が働いているイメージを作ることもできるので、心の準備ができます。

面接・書類選考などの対策をしてくれる

自分一人で行う面接の練習や書類選考の書類の確認は大変です。
書類の内容や面接の練習ひとつとっても、誰かにアドバイスをもらわないと正しい練習かどうかもわかりません。

そのためサポートしてくれる転職サイトのアドバイザーは頼もしい存在です。
看護師も一般の会社と同じで採用される為に書類審査や面接に合格する必要があります。

転職サイトのアドバイザーに頼むことで書類審査に合格する応募書類を作成することができ、安心して望めます。
また面接の対策もしてくれるので本番では自信を持つことが可能です。

在職中でも転職しやすい

在職中は業務が忙しくて転職活動がなかなか進まない方も多いです。
そんな時に転職サイトに登録しておけばアドバイザーが面倒なことをほとんどしてくれます。

面接の日程調整やスケジュール管理など、忙しい方には必須と言っても過言ではないサポートではないでしょうか。
しかも在職中に転職活動を行うほうがリスクを減らすこともできます。

新しい転職先が決まって今の職場に退職届を出すほうが効率が良いので、在職中に転職を行う場合は特にこのようなサポートを受けることをおすすめします。

看護師転職サイトは最悪?利用のデメリット

看護師転職サイトにはデメリットもあります。
そのデメリットとはどういうところなのでしょうか。
今回はそのデメリットについて2つ細かく解説していきます。

希望条件と異なる求人を紹介されることがある

看護師転職サイトのデメリットの1つは、希望と違う求人をすすめられてしまうことです。
看護師転職サイトに限ったことではありませんが、担当者によって紹介してもらえる求人の質に差が出てしまう可能性があります。

例えば日勤や長時間勤務を条件から外していたとしても大学病院や介護施設の看護師などの求人をすすめられたり、希望する勤務時間の職場を紹介してもらえないことも多くあるそうです。

希望条件と異なる求人を紹介される場合は、担当者を変更してもらうことも可能です。

担当からの連絡がしつこい場合がある

転職サイトに登録した後、担当アドバイザーから連絡が頻繁にくることがあります。

これは転職サイトの担当者が自分の利益のために行動していることが多いため、どの職場でもいいから無理やり転職をさせようとするからです。

もちろん転職サイトを使うことに不安がある方にとっては、担当アドバイザーからの助言などは嬉しいものですが、しつこく電話がかかってくることでストレスになり煩わしくなってきます。

その時は転職サイトや担当者を思い切って変えましょう。

看護師転職サイトを使うべき人・使わない方がいい人

転職サイトを利用して転職しようと考えている看護師の方は多く、その中でも人によっては転職サイトを使った方がいい人と使わない方がいい人がいます。

今回は、看護師転職サイトを使うべき人の特徴と転職サイトを使わない方がいい人の特徴を細かく解説していきます。

>>使うべきおすすめの看護師転職サイトランキングを見る

【看護師】転職サイトを使うべき人の特徴

無駄を省きたい方は転職サイトを使ったほうが良いです。

転職をする時に応募先を選んだり書類をそろえる必要がありますが、その一連の流れを面倒だと思う方も多いでしょう。
このような面倒なことを省きたい方は転職サイトを使うべきです。

転職サイトに登録すると、求人情報を集めてその中から条件に合う職場を選んでくれたり、担当のアドバイザーによる転職のサポートなどがあったりと、転職活動をサポートしてくれます。

転職サイトを利用することでメリットも多く、担当アドバイザーによっては職場の雰囲気や人間関係などの情報を教えてもらうことが可能です。

じっくりと転職先を探す方や、色々な病院を見たいという方も担当アドバイザーを頼りにできるので転職サイトに登録することをおすすめします。

【看護師】転職サイトを使わない方がいい人の特徴

転職したい病院や施設が決まっている方はその転職先に直接応募するのが良いでしょう。
ただ、残念ながらご縁がないこともあるため、絶対にその病院が良いというこだわりがない限り、転職サイトに登録しておくと転職活動がスムーズに進みやすいです。

履歴書や職務経歴書の書き方も教えてもらえるため、転職がはじめてなら登録しておいて損はないでしょう。

また、希望に合わない提案を断れない方も転職サイトの利用には注意が必要です。
転職サイトのアドバイザーの中には、自分の利益を優先し希望条件とは違う求人を紹介する方もいます。

条件に合わない求人を持って来た時にはっきり断られればいいですが、それが出来ない方は不本意な形で転職してしまう可能性があります。

しっかり寄り添ってくれる担当アドバイザーに転職活動をお願いすることがおすすめです。

転職サイト|利用を迷ったとき向けの判断基準

転職サイトの良いところや悪いところも理解したので、これから転職サイトを使用していこうと思う方の中でもやはり少し利用を迷う方も多いはずです。

そんな方のために、ここでは転職サイトの利用を迷った時にどのような判断基準でサイトを選ぶべきかを細かく解説します。

>>使うべきおすすめの看護師転職サイトランキングを見る

転職サイトの求人が魅力的に見えるか

転職サイトの求人が魅力的に見えればその転職サイトを使いたくなります。

例えば非公開求人を含めた求人数の多いサイトは魅力的です。
求人数が豊富なサイトは、より条件に合う求人を見つけることができるので基準にしましょう。

非公開求人は一般的に公開されていない数少ない求人で、普通の求人よりも待遇面で充実している傾向にあります。
そのため非公開求人を数多く取り揃えている転職サイトであれば、求人の量と質どちらも良いと見ることができます。

選考対策を自分で立てられるか

通常、転職サイトに登録すると担当アドバイザーが書類選考や面接対策をフォローしてくれます。

書類選考では、担当アドバイザーが職務経歴書や履歴書などの書類を確認、添削します。
書類添削を受けることで書類選考の通過率は大きく上がります。

さらに書類選考通過後、面接の対策に入ります。
面接対策では、担当アドバイザーと模擬面接を実施します。
アドバイザーに見てもらうことで、自分では気付けないような改善点を知ることができ、面接の成功につながります。

選考対策を自分でたてる自信がないのであれば、利用しておくことをおすすめします。

条件交渉や退職交渉を自分でできるか

看護師転職サイトの中には、ためになるアドバイスをしてくれるサイトもあります。
どのタイミングで退職を告げるのかや、誰にどのように退職を告げるのかなどアドバイスをしてくれるので、退職交渉がうまくいく可能性が高くなります。

条件交渉や退職交渉を自分で行える自信のない方は、交渉に対してアドバイスをもらえるような転職サイトの利用がおすすめです。

看護師転職で失敗を防ぐためのポイント

転職は人生の中の転機でもあります。転職するからには成功を願う方が多くいるはずです。

今回は、看護師の転職で失敗を防ぐためのポイントを5つご紹介していきます。
細かく解説しますのでぜひ参考にしてみてください。

看護師転職サイトは複数社登録しておく

看護師だけに限りませんが、転職サイトは複数社登録しておくのがおすすめです。

一社だけだとその会社の言う通りに物事を進めていく必要があります。
様々なサイトを比較することでそのサイトの良いところや悪いところを発見できます。

複数社登録しておいて、その中の一社に最終的に絞れば何ら問題ありません。
会社によって転職活動のやり方も変わってくるので、複数社に登録して、よく観察し選ぶようにしましょう。

>>使うべきおすすめの看護師転職サイトランキングを見る

担当の質や相性を軽視しない

大手の転職サイトだから担当者も安心して任せられると思わない方が良いでしょう。
担当者の質や相性を無視してしまうと失敗する可能性が高くなります。

例えばしつこく連絡をして何社も進めてきたりする担当者は怪しいので、避けたほうが良いです。
多くの案件をひっきりなしに紹介して自分が稼げるように案件数を増やしているだけの担当者の場合があります。

本当にあなたのことを思ってアドバイザーとして担当している方は親身になって活動してくれます。
担当者の質や相性を軽視せず、入念に観察して判断するのがおすすめです。

推薦文を確認させてもらう

転職希望の職場に出す推薦文を確認させてもらうことをおすすめします。

推薦文とは、転職サイトの担当者が、転職先の職場に出すアピール文のようなものです。
転職希望者の条件や、その方の長所や短所などを推薦状という形で職場に送ります。

その推薦文がしっかりとした推薦文であるか確認をする必要があります。
あなたの長所やどういうことで貢献できるかなど、細かく書いていれば良いですが、あなたのマイナスになるようなことが書いてあると転職先で失敗してしまいます。

職務経歴書などの内容をそのまま書き写してある推薦文もあるので、注意しましょう。

転職意思をはっきり見せる

転職サイトの担当者に自分の転職の意思をはっきり見せるようにしましょう。
そうすることで担当アドバイザーも親身になって転職活動のお手伝いをしてくれます。

転職の意思をはっきり見せないと、本当に転職する気があるのかどうかがわかりません。
転職意思が見えないことで、担当アドバイザーのモチベーションも下がり、良い転職先に出会えない可能性が高くなります。

連絡頻度などを調整してもらう

担当者の中には、自分の成績のためにどうにか転職希望者に転職させようと、条件とは違う様々な職場の情報を連絡してくる担当者もいます。

しつこく何回も連絡をしてくる場合は、連絡頻度などの調整をしてもらいましょう。

例えば「平日〇時は仕事のため連絡に出れませんので〇時に連絡をしてください」「電話は出れない時が多いのでメールでの連絡をお願いします」などの依頼がおすすめです。
回数なども打ち合わせしておくと良いでしょう。

【看護師転職】転職サイトを利用する以外の方法

看護師の転職活動には、転職サイト以外にもいくつかの方法があります。
ここでは4つ細かく解説します。

ハローワーク

看護師の転職方法には、転職サイト以外にもハローワークを利用する方法があります。
ハローワークとは公共職業安定所のことで、職業紹介や雇用保険業務などの窓口を担う国が運営するサービスです。

民間の転職サイトとは違って、紹介手数料などを受け取ったりすることはありません。
そのため、費用を抑えて応募を募りたい雇用主にとってはありがたいです。

地域密着の職場で働きたい方や、行政機関や公的機関で働きたい方はハローワークを使うメリットは多いです。

また、行政機関が求人を出しているケースが多く、そのような場所で働きたいと思う方はハローワークで探す方が多いです。

ナースセンター

日本中の看護師の求人情報を検索して応募ができるサイトをナースセンターと言います。
無料で利用ができ、各自治体のナースセンターにわざわざ行かなくても応募ができる便利なサイトです。

このサイトは日本看護協会が母体になっているため、安心して利用できます。
また全国の求人情報を閲覧できるので地元へのUターンを検討している方も職場を探しやすいです。

さらに元々看護師だった職員が多いため、仕事の悩みについて理解して理解している方が多いです。
医療現場での経験があるので、求人情報の紹介や悩みに対して、的確にアドバイスをしてくれます。

周囲の人に紹介してもらう

転職サイトなどを使わず周囲の人に紹介してもらう方法もあります。

特に看護師関係の知り合いがいる方は、「〇〇の病院が看護師を募集していたよ」「〇〇の先生が言っていたけど看護師が足りないんだって」というように直接リアルな情報を知ることができます。
知り合いからの紹介のため、病院側も安心して雇用できます。

病院・施設に直接応募する

病院や施設に直接応募する方法もあります。
意外と、直接応募にはメリットがあります。

例えば紹介会社などが入っている場合手数料がかかりますが、直接応募することで手数料をカットできます。
また対応がスピーディーで採用までの道のりが早いのもメリットです。
紹介会社を経由してしまうとどうしても間にワンクッションが入るのでスピードが遅くなりますが、直接応募することで応募した後の動きもスピーディーになります。

しかし、直接応募で転職転職することは意外と手間がかかりかかります。
転職サイトの担当エージェントに頼むとすべてをお任せできますが、 直接応募の場合は一人で様々なことを行う必要があります。

そのためどんな職場に移り変えたいかを明確に考えている方でないと最適な職場を見つけることは難しいでしょう。

転職方法別|看護師転職の流れ

初めて転職を考えている看護師の方は多いでしょう。
実際の転職までの流れはどのようなものかわからない方も多いですよね。

そこで今回は、転職方法別の看護師転職の流れを細かく解説していきます。

転職サイト利用の場合

転職サイトを利用する場合の流れは、まずサイトへの無料登録から始まります。
基本的な個人情報や希望する勤務体系、入職時期などを入力します。

登録したら、転職サイト側から確認の連絡が届きます。
転職サイトと連絡を取り合うようになったら、「どのような病院に転職をしたいのか」「どのような勤務体系を求めているか」などを担当アドバイザーと一緒に話していきます。
現在の病院への不満や心配なことをしっかり聞いてくれるので安心できます。

希望条件などを伝えた後は、担当エージェントからあなたの希望に沿った病院を紹介してくれます。

もちろん転職サイトを利用して自分で探すことも可能ですが、どんな求人があるかを把握している担当エージェントに頼んだ方がスムーズに転職先を探してくれるのでオススメです。

>>使うべきおすすめの看護師転職サイトランキングを見る

ハローワーク利用の場合

ハローワークを利用する場合の流れは、まずハローワークへ行って求職申込書を記入します。

記入し終えたらハローワークカードを受け取り端末で求人を検索します。
転職先が見つかれば求人票をプリントアウトして窓口に持って行きます。

窓口の方が病院と連絡を取り、面接日時の設定や紹介状の発行を行います。
決められた日時に紹介状などを持って面接に行きます。

面接の前に書類選考がある場合もあります。
面接が終わると後日、病院からの合否通知があるという流れです。

この流れは、ハローワークで一般の企業への転職をする際の流れと同じです。

紹介を受ける場合

紹介を受ける場合の流れは、まず看護師の知人や友人に転職を考えている旨を話します。

そして、その知人や友人が働いている病院で求人を募集していれば、病院側に紹介してくれます。

ただし知人や友人からの紹介と言っても、全て受け入れてくれるわけではありません。
日頃から信用を積み重ねられている人でないと採用されるのは難しいでしょう。

直接応募する場合

直接応募する場合の流れは、まず転職情報やナースセンターなどで自分に合う求人情報を見つけます。

そして直接病院や施設に連絡を取り、詳細を確認します。
詳細がわかったら履歴書を送ったり面接の日にちを調整したりします。

面接後、採用が決まったら入職のスケジュールを話し合いをして決めます。
働く時期、必要な書類などの確認を応募先と打ち合わせしていきます。

転職サイトを利用して転職した看護師の口コミ・体験談

ここでは転職サイトを利用して転職した看護師の口コミや体験談を紹介します。

>>使うべきおすすめの看護師転職サイトランキングを見る

希望条件に沿った職場が見つかる

口コミアイコン
20代女性(看護師)
看護師の転職サイトのコンサルタントに協力してもらうことで、
・産休、育休取得率が把握できる
・院内託児所ありの求人が見つかる
・ママ看護師に優しい職場がわかる
・休みがしっかり取れる職場が見つかる
といったメリットがあります。

出典:Twitter

交渉を進めてもらえる

口コミアイコン
40代女性(看護師)
転職サイトのコンサルタントを活用することで、自分では聞きにくい残業時間や賞与実績を、事前に採用担当者に確認し交渉をして交渉してもらえます。

出典:Twitter

ブランクがあっても親身に対応してくれる

口コミアイコン
20代女性(看護師)
結婚や出産後に復職していない看護潜在看護師は全国に50万人以上おり、転職サイトのコンサルタントに確認すれば、研修を用意している病院などの求人を調べてもらえます。

出典:Twitter

看護師の転職によくある質問

ここでは看護師の転職によくある質問を細かく解説していきます。

看護師転職サイトの選び方は?

看護師転職サイトの選び方のポイントは3つあります。

1つ目は、求人紹介の質で選ぶということです。
転職サイトを選ぶときに求人数を意識する方は多いのですが、求人数が多くても自分自身にマッチする求人を紹介してもらえないと意味がありません。
転職後にこの職場でよかったと思えるような求人を紹介してくれることが大切です。

2つ目は、条件の交渉力です。
転職サイトにはアドバイザーがいますが、残業時間や待遇に関する交渉をしてくれます。
条件交渉力は医療機関との信頼関係に比例していきます。
条件交渉力の高い転職サイトやアドバイザーを選び、満足のいく転職を実現させましょう。

3つ目は、コンサルタントの質です。
担当のアドバイザーが様々なアドバイスをしてくれますが、中にはどんな職場にも当てはまるようなありきたりのアドバイスしかしてくれない方もいます。
質の良いコンサルタントが多い転職サイトを選ぶようにしましょう。

看護師紹介会社を使わないとどうなる?

看護師紹介会社を使わずに直接病院や施設に応募する方法もあります。

しかし応募する側としては少し大変な部分もあります。
例えば、条件や給料面の交渉、働き始めるにあたっての必要書類や必要な道具など、看護師紹介会社を使うと対応してくれる事も1人で対応する必要があります。

その分、時間を費やしたり面倒な部分も多かったりするので結果的に手間がかかってしまいます。
スムーズな転職活動をするためにも、看護師紹介会社などは使った方が良いでしょう

>>使うべきおすすめの看護師転職サイトランキングを見る

転職サイトを掛け持ちしてトラブルにならない?

複数の転職サイトに登録をしている場合は、正直にその旨を各担当者に伝えておけば問題ありません

複数利用していることを隠したまま進めてしまうと、他の転職サイトと面接日がバッティングしたり同じ職場を紹介されたりするトラブルが起こる可能性があります。

そのようなトラブルが起これば、転職サイトからの信頼をなくしたり、あなたが優良案件と出会う機会が減ったりするデメリットがあります。

複数の転職サイトを使う時には、各担当者にそのことを伝えておきましょう。

看護師の転職期間は?すぐ決まる?

看護師の転職活動を始めるタイミングは、次の職場で働きたい時期から逆算して早めに行動することがおすすめです。
具体的には入職希望の3ヶ月ぐらい前の時期から始めておくのが良いでしょう。

働きながら転職活動をする場合は、転職準備から求人探しまで2週間から1ヶ月、応募から面接まで1ヶ月程度を目安にしましょう。

一度退職してから転職活動する場合は時間に余裕があってスムーズに進みやすいですが、働きながら仕事を探す場合は長期化する可能性が高まります。
大まかに働きたい時期を考えておき逆算して転職活動を行いましょう。

看護師転職サイトの退会時期は?

転職活動を辞めるときや転職先が見つかった場合に転職サイトを退会します。

転職サイトの退会方法は、メールや問い合わせフォームから連絡を送ったり、担当者に退会することを伝えたりする方法があります。
サイトによっては退会ページがないものがあるのでこのような方法で退会しましょう。

また、選考中に退会できない場合が多いので注意しましょう。
理由は選考中に退会すると、選考を辞退することになり病院側に迷惑がかかるからです。

他の転職サイトで転職先が見つかっても、選考中には退会できないことがあるので注意しましょう。

転職サイトは使わない方がいい?記事まとめ

この記事では、看護師転職サイトについて、使わない方がいいと言われる理由や使うべき人の特徴などをご紹介しました。

看護師転職サイトを利用することで、転職先の詳しい情報を教えてくれたり、希望に合う求人が見つかりやすいというメリットがあります。

看護師転職サイトにはさまざまな種類があるので、複数の看護師転職サイトの併用がおすすめです。
この記事を参考に、自分に合った看護師転職サイトを見つけてくださいね。

>>使うべきおすすめの看護師転職サイトランキングをもう一度見る

参考文献
▼公益社団法人日本看護協会
「訪問看護ステーションの求人倍率」継続して高水準
看護職賃金の実態とその改善策
看護職就業者数の動向に関する研究
公益社団法人日本看護協会
准看護師のための進学特設サイト
看護職のワーク・ライフ・バランス推進事業
看護師基礎教育の4年制化の推進
准看護師制度の課題解決に向けた取組み
訪問看護師倍増策の推進
地域における看護職員確保方策の検討
ナース・プラクティショナー(仮称)制度の構築
特定行為に係る看護師の研修制度の活用推進
看護師の資格活用基盤の強化

▼厚生労働省
看護職員就業状況実態調査結果
看護職のキャリアと働き方支援サイト
看護職のキャリア
看護職員の現状と推移
看護職員研修事業の実施状況及び事業計画に関する調査について
看護業務実態調査について
福祉及び介護施設における看護師の日雇派遣に関するニーズ等の実態調査
ナースセンターによる看護職員の復職支援の強化
保健師助産師看護師国家試験受験資格認定について
いきいき働く医療機関サポートWeb
医療専門職支援人材確保支援事業報告書(抄)
新人看護職員研修について
特定行為に係る看護師の研修制度について
看護職員の確保について
看護師等免許保持者の届出制度
東日本大震災からの復興に向けた看護職員確保の取り組みの紹介
都道府県における看護職員のための研修事業 事例集について
中小規模病院の看護管理能力向上支援について
病院看護管理者のための看看連携体制の構築について
助産師出向支援について
院内助産・助産師外来について
助産所における連携医療機関確保について