医療業界の転職におすすめの転職サイト24選|評判調査をもとに職種別比較

「医療業界に特化している転職サイトをわかりやすく知りたい」
とお悩みではありませんか?

医療業界に特化した転職サイトは数が多く、一体何を選べば良いのかわからなくなってしまいますよね。

そこで、この記事では医療業界に特化したおすすめの転職サイトを厳選し、簡潔にまとました。

以下の職種別におすすめ転職サイトを選んでいますので、ぜひ参考にしてみてくださいね。

記事の目次

職種別|医療業界のおすすめ転職サイト

医療業界のおすすめ転職サイトを職種別でご紹介していきます。
なお、この記事では以下の項目基準でおすすめの転職サイトを選定しています。

  • 求人の質・量
  • サポート力の高さ
  • 職業別の専門性の高さ

以下の順でおすすめの転職サイトをご紹介していきます。

転職者の70%は2〜3社の転職サイト利用
リクナビNEXTの調査によると転職決定者は
平均4.2社の転職エージェントを利用しています。
転職者全体でも平均2.1社利用しています。

複数の転職サイトに登録することで、
✓ 自分にあった担当者が見つかる
✓ 独占求人含め多くの求人が見れる
✓ 多角的にアドバイスをもらえる

などさまざまなメリットがあります。

全ての職種におすすめの転職サイト

全ての職種におすすめの転職サイトは、以下の3社です。

おすすめ転職サイト

サービス 公開求人数 コメント
リクルートエー
ジェント
約15万件 転職支援実績No.1※
トップクラスの求人数
doda 約11万件 丁寧なサポート
スカウト機能あり
ワークポート 約50,000件 転職決定人数No.1※
あなたの希望を最優先

※厚生労働省「人材サービス総合サイト」における無期雇用および4ヵ月以上の有期雇用の合計人数(2019年度実績)
※リクナビNEXT『GOOD AGENT RANKING ~2021年度上半期~』
(求人数:2021年12月現在)

看護師におすすめの転職サイト

看護師におすすめの転職サイトは、以下の3社です。

おすすめ転職サイト

サービス 公開求人数 コメント
看護roo! 約60,000件 約30秒で登録完了
利用者満足度96.3%
看護のお仕事 約13万件 求人数が多い
累計利用者数40万人以上
医療ワーカー 約50,000件 出張面談も可能
面接同行・条件交渉に対応してくれる

(求人数:2021年12月現在)

関連記事
看護師転職サイトおすすめランキング

医師におすすめの転職サイト

医師におすすめの転職サイトは、以下の3社です。

おすすめ転職サイト

サービス 公開求人数 コメント
エムスリーキャリア
エージェント
約13,000件 30万人以上の医師が登録
条件交渉に強み
マイナビドクター 約15,000件 多数の非公開求人
専任のキャリアパートナーが転職サポート
リクルート
ドクターズキャリア
約16,000件 リクルートが運営
年代ごとに最適な求人を提案

(求人数:2021年12月現在)

関連記事
医師転職サイトおすすめランキング

薬剤師におすすめの転職サイト

薬剤師におすすめの転職サイトは、以下の3社です。

薬剤師おすすめ転職サイト一覧

サービス 求人数 コメント
マイナビ
薬剤師
約58,000件 利用者満足度No.1※
最後まで転職をフォロー
リクナビ
薬剤師
約15,000件 薬剤師専任アドバイザー
最短3日で転職可能
ファルマ
スタッフ
約45,000件 薬剤師に選ばれている転職サイトNo.1※
医療業界人材に特化

※マイナビ薬剤師:GMOリサーチによる、薬剤師の人材紹介サービス15ブランドにおける調査
※ファルマスタッフ:日本マーケティングリサーチ機構調べ(調査月:2019年7月)
(求人数:2021年11月現在)

関連記事
薬剤師転職サイトおすすめランキング

歯科衛生士におすすめの転職サイト

歯科衛生士におすすめの転職サイトは、以下の3社です。

おすすめ転職サイト
サービス 公開求人数 コメント
ジョブメドレー歯科衛生士 約15,000件 圧倒的豊富な求人数
事業所と直接やり取り可能
JOB歯科AGENT 不明 非公開求人が豊富
採用後もあなたをサポート
ファーストナビ歯科衛生士 約90,000件 業界最大級※
非公開求人多数あり

※2019年ファーストコネクト調べ

関連記事
歯科衛生士転職サイトおすすめランキング

介護士におすすめの転職サイト

介護士におすすめの転職サイトは、以下の3社です。

介護おすすめ転職サイト

サービス 求人数 コメント
きらケア
介護
約100,000件 10万件以上の求人から希望に合う仕事を紹介
離職率や人間関係などの内部事情も分かる
ミラクス
介護
約89,000件 介護職がおすすめする求人サイトNo.1
※日本トレンドサーチ 2021年1月実施:サイトのイメージ調査
介護
ワーカー
約79,000件 年間転職成功実績10,000件
希望条件に合った職場を紹介

※求人数:2021年12月現在

関連記事
介護転職サイトおすすめランキング

PT・OT・STにおすすめの転職サイト

PT・OT・STにおすすめの転職サイトは、以下の3社です。

おすすめ転職サイト
サービス 公開求人数 コメント
PT/OT人材バンク 約37,000件 転職をフルサポート
東証一部上場企業運営
PTOTSTワーカー 約62,000件 3ヶ月後の入職も対応
年収などの条件交渉も可能
マイナビコメディカル 約30,000件 全体の約40%が非公開求人
業界に特化した専任のキャリアアドバイザーがサポート
関連記事
理学療法士転職サイトおすすめランキング

医療機器メーカー希望の方におすすめ転職サイト

医療機器メーカーを希望の方には、以下の転職サイトがおすすめです。

おすすめ転職サイト
サービス 公開求人数 コメント
医療転職.com 約600件 現場の生の情報がわかる
医療機器、製薬業界の転職に強い
医療機器転職BiZ 約100件 医療機器業界に特化
業界各社との強いパイプあり
パソナキャリア 約40,000件 オリコン顧客満足度調査第1位※
圧倒的なサポート力

※オリコン顧客満足度調査(インターネット調査によるもの)

医療業界で転職サイトがおすすめな理由

医療業界の転職の際には、転職サイトの利用がおすすめです。
理由は、以下の通りです。

順に解説していきます。

応募書類の添削・面接対策で採用率が高まる

医療業界の転職サイトの中には、応募書類の添削や面接対策を行ってくれるサイトも多いです。

そのため、「書類作成や面接などが苦手...」という方には非常におすすめです。

医療業界の転職事情を熟知したプロからのアドバイスを受けることで、応募先企業に刺さる応募書類を作成することが可能です。

また、面接対策ではその企業に合わせた対策を行なってもらうことで、採用率が格段にアップします。

非公開求人を紹介してもらえる

非公開求人を紹介してもらえることも、転職サイトの大きなメリットです。

広告型求人サイトでは見ることのできない好条件の求人があるため、あなたの希望条件に合った求人が見つかりやすくなります。

非公開求人とは、一般求人サイトには出回ることのない好条件な求人のことを指します。
通常の求人サイトに掲載されている求人よりも、年収が高い・役職などのポジションの高い求人募集を行う時に用いられます。

なぜわざわざ非公開で求人募集をかけるのかというと、理由は主に以下の2つです。

  1. 求人応募の殺到を避け、採用の効率化を図るため
  2. 競合他社に知られたくない新規事業・極秘プロジェクトなどがあるため

アドバイスをもらえる

キャリアコンサルタントに相談することによって、客観的なアドバイスをもえます。

例えば今後のキャリアなど、転職支援のプロからのアドバイスをもらうことで、自分では考えてもみなかったような提案をされることもあります。

また、転職成功のために重要な「自己分析」もしてもらえるので、自分に適した職種がわかります。

様々な視点からアドバイスをしてもらうことで、自分では考えてもみなかったような新たな道が開ける可能性が広がります。

全てのサービスを無料で利用できる

転職サイト最大のメリットは、前述した全てのサポートやサービスを無料で利用できることです。

  1. 応募書類の添削・面接対策
  2. 非公開求人などあなたに適した求人紹介
  3. 転職支援のプロに相談できる

転職活動において、より多くの選択肢を持つことは非常に大切です。

無料なので失うものもありませんし、試しに2〜3社登録してみることをおすすめします。

思いもしなかった好条件の職場に転職できるかもしれません。

>>医療業界の職業別おすすめ転職サイトに戻る

転職サイト活用術|6つのポイント

こちらの章では、転職サイトの活用術を6つご紹介していきます。
転職サイトの活用法を知り、より良い転職活動を行いましょう。

1.希望条件を明確に

まず、あなたの希望条件を明確にしておきましょう。
希望条件を明確にしておくことで、後悔の少ない転職を行うことが可能です。

例えば、希望条件を思いつくまま紙に書き出してみて、その中で優先順位をつけていくという方法がおすすめです。

そうすることで、本当にあなたが叶えたいと思っている希望条件が明確になります。

また、希望条件をスムーズにキャリアコンサルタントに伝えることができるので、効率よくあなたにマッチした求人紹介を受けられます。

2.転職時期は「すぐにでも」

キャリアコンサルタントに転職希望日を聞かれた際は、必ず「いいものがあればすぐにでも」と伝えておきましょう。

そうすることによって、早期に売り上げにつながると思われ、優先的に良い求人を紹介してもらえます。

反対に、転職時期はまだ考えていない…など伝えてしまうと、優先順位が低くなってしまいます。

すぐに転職を考えていない場合でも、「いいものがあればすぐにでも」と伝えておき、良い求人を紹介してもらえるようにしておきましょう。

3.経歴・スキルは嘘をつかない

経歴・スキルは嘘をつかず正直に伝えましょう。

後から、「聞いていた話と違う...」となってしまうと、転職サイト側から要注意人物としてみられ、良い求人を紹介してもらえない可能性があります。

また、入職後に自分のスキルに見合わない仕事を任されてしまった...といったことが起きないように、経歴・スキルは正直に伝えておきましょう。

複数の転職サイトを利用する場合は、スマートフォンのメモなどに、経歴や希望条件をまとめておくと、スムーズな情報共有ができるのでおすすめです。

4.連絡はこまめに・早めの返信を

キャリアコンサルタントの連絡はこまめに・早めの返信を心掛けましょう。

返信が早いと、転職意欲が高いと判断され、優先的に条件の良い求人紹介をしてもらいやすくなるからです。

他にも、面接の日程調節の際にスムーズに連絡をとることで、転職サイト側・応募先企業の両者に良い印象を与えられます。

また、条件の良い求人はすぐに募集を締め切ってしまう場合も多いので、チャンスをなるべく逃さぬよう「連絡はこまめに・早めに返信」を心掛けましょう。

5.推薦文を見せてもらう

キャリアコンサルタントは、あなたを企業に紹介する際に、「推薦状」というものを応募書類と一緒に送付しています。

この推薦状とは、キャリアコンサルタントが企業側にあなたのことを紹介する書類です。
企業側は推薦状と応募書類の両方を参考に採否を判断しているので、できれば内容をチェックしておきたいものです。

中には職務経歴を書くだけで、あなたのことをきちんとアピールしてくれないキャリアコンサルタントもいます。

そのため、「書いていただいた内容を知りたい」などと伝え、どのような推薦状になっているのかチェックしておきましょう。

6.同じ求人へ複数応募しない

各転職サイトで同じ求人を取り扱っていることはよくあります。
そのため、複数の転職サイトを利用する際は、同じ求人に重複して応募しないように注意しておきましょう。

同じ求人に重複して応募してしまうと、「きちんと内容も見ずに応募してきたのでは?」と不信感を抱かれかねません。

そのため、複数の転職サイトを利用する場合は、注意して内容を確認するか、担当のキャリアコンサルタントがいる場合は事情を話し、確認してもらいましょう。

>>医療業界の職業別おすすめ転職サイトに戻る

医療業界の転職サイト利用手順

こちらの章では、転職サイトの利用手順をご紹介していきます。
以下の2つのサービスに分け解説していきます。

求人広告型転職サイト

求人広告転職サイトとは、掲載されている求人に自分で応募していくタイプの転職サイトです。

主な利用手順は以下の通りです。

1.転職サイト登録ページから登録

各転職サイトの登録ページに基本的な個人情報を入力していきます。
なお、一般的な求人広告型転職サイトは登録せずに求人を閲覧することが可能です。

2.求人検索をする

登録が完了したら、次はサイト内で求人検索をしていきます。

求人広告型転職サイトは、利用者が求人検索をし応募していくので、検索機能が充実していることが多いです。
検索機能が充実していると、より自分にマッチした求人を見つけることができるので、あなたが使いやすいと感じた転職サイトを選ぶようにしましょう。

3.応募する

気になる求人を見つけたら応募していきましょう。
サイト内からすぐに応募できます。

最近では電子履歴書を作成し、応募の時点で一緒に送るタイプの転職サイトも多いです。

4.面接

選考が無事に突破したら、次はいよいよ面接です。
面接に進む際には、応募先企業から連絡が入ります。

メールでのやり取りも多いため、メールはこまめにチェックしておきましょう。

5.内定

無事に面接が終わり、晴れて内定が決まったらお仕事スタートへの準備を始めます。
求人広告型転職サイトの場合は、内定が決まった後は基本的に企業と直接やり取りをおこないます。

確認しておきたいことは、早めに確認するようにしておきましょう。

転職支援サポート付き転職サイト

転職支援サポート付き転職サイトとは、その名の通りあなたの転職活動のお手伝いをしてくれる転職サイトを指します。

担当のキャリアコンサルタントが、あなたにマッチした求人検索から就業後のフォローまで、転職活動の一連の流れをサポートしてくれます。

利用手順は以下の通りです。

1.転職サイト登録ページのから登録

各転職サイトの登録ページに基本的な個人情報を入力していきます。
登録完了メールがきているかの確認もしておきましょう。

2.面談の日程調整

登録後、数日以内に電話で連絡が入ります。
10分ほど簡単なヒアリングをし、面談日を決定していきます。

電話のヒアリングでは、以下の内容を聞かれることが多いです。

  • 希望の年収
  • 希望する業界や職種
  • 希望の転職時期

以上のことをまとめておくと、スムーズに電話を終わらせることができるので準備しておきましょう。

3.担当者と面談

キャリアカウンセリングは、主に転職サイトのオフィスに訪問するか、あなたの指定した場所で行います。
オンライン面談や電話面談が可能な場合も多いので、希望する場合はオンライン面談などが可能か確認しておきましょう。

面談では、以下のような内容を問われることが多いので、事前に答えを考えておきましょう。

  • これまでの経歴・スキル
  • 希望条件
  • 転職理由
  • あなたの強み

4.求人紹介を受ける

面談の希望条件をもとに、キャリアコンサルタントがあなたに合った求人紹介を行ってくれます。

同時に転職サイト内で求人検索することも可能なので、自分でも求人検索をし、条件に合った求人を探しておきましょう。

5.応募書類の添削をしてもらう

気になる求人が見つかったら、応募書類を作成していきましょう。
応募書類の作成が苦手な方も多いかと思いますが、転職支援のプロがきちんと添削をしてくれますので安心してください。

しっかりとした応募書類を作成することで、書類選考率が格段に上がります。

6.面接対策を受ける

書類選考が通過したら、キャリアコンサルタントが面接対策を行ってくれます。

応募先企業に合わせた面接を考えてくれるので、自信を持って面接に挑むことが可能です。

なお、面接の日程調整もキャリアコンサルタントが代わりに行ってくれます。

7.内定

内定の連絡も、キャリアコンサルタントから知らされます。
内定後、条件交渉などを行ってくれるので、希望がある場合はこの時点で伝えておきましょう。

>>医療業界の職業別おすすめ転職サイトに戻る

どうなる?医療業界の今後の動き

こちらの章では、職業ごとに就業者数の推移をご紹介します。
就業者数の推移をみることで、今後も需要のある職種であるのかを予測することが可能です。

厚生労働省の就業者数の推移のデータをもとに、解説していきます。

医師の動き

2000年、日本の医師数は255,792人でした。
2014年時点では、311,205人と、約55,500人も増えていることがわかります。

人間が生きていく上で必要不可欠な存在である医師という職業は、今後もさらに需要が高まると予測できます。

【参考:厚生労働省】医師数の推移

看護職の動き

2002年、日本の看護師数は1,233,496人でした。
2012年時点では、1,537,813人と、約305,000人も増えていることがわかります。

数の増え方も他職種と比べ大きいのに対して、人手不足が問題視されている職業でもあるため、より一層需要が高まることが予測できます。

【参考:厚生労働省】看護職員の現状と推移

薬剤師の動き

2000年、日本の薬剤師数は217,477人でした。
2014年時点では、288,151人と、約267,000人も増えていることがわかります。

高収入でありながら、結婚後も働きやすい環境の整っている薬剤師は、非常に人気のお仕事です。
また、企業や化粧品メーカーなどで勤めることもできるため、様々な働き方ができ、今後も需要の高まるお仕事と言えるでしょう。

【参考:厚生労働省】薬剤師統計の概況

歯科衛生士の動き

2008年、日本の歯科衛生士数は96,442人でした。
2018年時点では、132,629人と、約36,000人も増えていることがわかります。

他の職種に比べると全体数が少なめですが、その中でも約10年間で数が大きく伸びています。

また、技術職であるため、IT技術などでは代用が難しく、まだまだ需要の高い職種といえるでしょう。

【参考:厚生労働省】衛生行政報告例(就業医療関係者)の概況

介護職の動き

2000年、日本の介護士数約600,000人でした。
2017年時点では、約1,830,300人と、約1,230,300人も増えていることがわかります。

他の職種に比べ、数の増え方が大きく、「飽和してしまうのでは?」と心配される方もいるかもしれません。

しかし、2018年時点の要介護者の数が6,220,000人と、介護士数に対して要介護者の数が圧倒的に大きくなっています。

さらなる高齢化社会が進むとされているため、多くの介護士が必要になります。

そのため、今後もさらに需要が高まると予測できるでしょう。

【参考:厚生労働省】介護分野の現状等について

リハビリ職の動き

こちらでは、リハビリ職の中でも理学療法士の動きをみていきます。
なお、就業者数の推移のデータではなく、ここでは 試験累計合格者数の推移をみていきます。

作業療法士や言語聴覚士もほぼ同じような動きなので、一緒に参考にしてみてください。

理学療法士の試験累計合格者数の推移のデータは以下の通りです。

2010年、日本の理学療法士数は、82,974人でした。
2021年時点では、約192,327人と、約109,353人も増えていることがわかります。

求人数が少ないと言われるリハビリ職ですが、介護業界の需要の高まりも考えると、まだまだニーズのあるお仕事と言えるでしょう。

【参考:日本理学療法士協会】統計情報

医療従事者の転職方法

医療業界で働く方達は、どのような方法で転職活動を行なっているのでしょうか。
厚生労働省のアンケート結果によると、以下の通りです。

単位(100%)

民間職業紹介事業者
(転職サイト・エージェントなどの民間人材紹介会社)
公共職業安定所
(ハローワーク)
Webなどの求人情報
30.1 20.4 26.1

上記のアンケート結果によると、圧倒的に民間職業紹介事業者(転職サイトや転職エージェント)を利用する方が多いです。

なお、厚生労働者の同調査によると、採用経路(どのような方法で人材を採用したか)・求職活動するときに利用した方法、ともに民間職業紹介事業者が1番多い結果となっています。

つまり、採用する側・求職者側も、民間職業紹介事業者(転職サイトや転職エージェント)を1番多く利用しているということです。

より多くのチャンスを掴むために、医療業界の人には転職サイトの利用は必須と言えるでしょう。

【出典:厚生労働省】医療・介護分野における職業紹介事業に関するアンケート調査

>>医療業界の職業別おすすめ転職サイトに戻る

医療業界の転職に関するよくあるQ&A

こちらでは、医療業界の転職に関するよくあるQ&Aをまとめました。
同じ悩みを抱えている方は、ぜひ参考にしてみてくださいね。

転職サイト以外の医療業界の転職方法は?

転職サイト以外の転職方法は、主に以下のサービスがあります。

  1. ハローワーク
  2. 直接応募

ハローワークの強みは、各地域の求人が豊富であることです。
ですが、窓口時間内に訪れる必要があるため、忙しい方には利用しづらいといった欠点もあります。

直接応募は企業側に人材紹介にかかる手数料が発生しないため、採用されやすいといったメリットがありますが、条件交渉や入社に関するトラブルも多く、ハローワークや転職サイトでお仕事探しをする方が無難です。

未経験やブランクがあっても転職サイトは利用できる?

未経験やブランクがあっても転職サイトの利用は可能です。
医療業界は離職率も高いため、常に慢性的な人手不足です。

そのため、未経験やブランクがあったとしても、資格や経験があれば採用されやすい傾向にあります。

また、介護職に関しては、無資格・未経験でも応募することができるので、資格を取らずに働くことができます。

>>医療業界の職業別おすすめ転職サイトに戻る

医療業界の転職は何歳ぐらいまでがしやすいですか?

一般的に、30代までは転職がしやすいと言われています。

しかし、近年では転職を繰り返す方も多くなっているため、転職時の年齢に対する基準も変わってきています。

心配であれば、医療業界に詳しいキャリアコンサルタントに、最新の転職市場の状況を聞いてみましょう。

>>医療業界の職業別おすすめ転職サイトに戻る

志望動機を考えるのがが苦手です。書き方を教えてください。

志望動機を考える際に、今回の転職の目的を明確にしてみましょう。
転職理由を明確にすることで、おのずと志望動機が思い浮かびます。

その思い浮かんだ志望動機を、いかに伝えやすく履歴書に書くのかもポイントです。

以下の順に文章を構成することで、相手に伝わりやすい志望動機を作成することが可能です。

  • 志望動機を簡潔に書く
  • 志望動機の理由を書く
  • 応募先企業で成し遂げたいことの具体例を上げる
  • 全体の話をまとめる

上記の順で作成すると、相手が読みやす文章を作成することが可能です。

どんなに良い内容を書いても、伝わりにくくては意味がありません。

お伝えした順に作成し、読みやすい文書に仕上げ、あなたの志望動機をアピールしていきましょう。

転職サイトはなぜ無料で利用できるの?

転職サイトは、主に求人を出している企業側から報酬を得ています。

そのため、利用者側は無料で利用できるといった仕組みです。

また、転職支援サポートのある転職サイトの場合、企業にあなたを入職させる事で報酬を得られる仕組みになっています。

なので、キャリアコンサルタントは一生懸命にあなたの仕事が見つかるようサポートしてくれているのです。

大手企業に転職したいのですが可能でしょうか?

大手企業は、業務内容が細かく分類されていることが多いです。
そのため、より特定の分野に特化した経験や知識をつけておくと有利です。

また、医療業界の大手企業への求人は、主に非公開求人として募集されています。

そのため、非公開求人を取り扱う転職サイトを利用するのがおすすめです。

>>医療業界の職業別おすすめ転職サイトに戻る

転職しやすい時期はありますか?

医療業界で転職しやすいとされる時期は、主に年度が替わるタイミングが良いとされています。
年度が変わる時期は、主に以下の通りです。

  • 3~4月
  • 9~10月

なお、転職しやすい時期は目安であり、一概にこの時期というものは存在していません。
そのため、あなたのタイミングで転職活動を行うのがベストです。

医療業界おすすめ転職サイトまとめ

こちらの記事では、医療業界おすすめ転職サイトの転職サイトをご紹介してきました。

まとめてしまうと、転職活動を成功させるには、自分に合った転職サイトを見つけることが大切です。

なので、必ず2〜3社以上は登録し、自分に合った転職サイトを見つけてくださいね。

>>医療業界の職業別おすすめ転職サイトに戻る